最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

将棋

第5期叡王戦七番勝負第8局豊島将之竜王・永瀬拓矢叡王対局棋譜。

投稿日:2020年9月6日 更新日:

第5期叡王戦七番勝負第8局豊島将之竜王・永瀬拓矢叡王対局講評と棋譜。結局、豊島将之竜王が勝ちました。

永瀬拓矢叡王

永瀬拓矢叡王

第5期叡王戦七番勝負第8局豊島将之竜王・永瀬拓矢叡王対局講評。

豊島将之竜王

豊島将之竜王

 

2020年9月6日。神奈川県秦野市「元湯 陣屋」において叡王戦七番勝負第8局豊島将之竜王(30歳)-永瀬拓矢叡王(28歳)戦が実施されました。

 

結局、豊島将之竜王が勝ちました。

 

持ち時間は各6時間(チェスクロック使用)です。

 

千日手1局、持将棋2局(引き分け)をはさんで異例の長丁場となった今シリーズ。

第7局は永瀬叡王が勝って3勝目をあげました。

永瀬拓矢叡王は、叡王戦第7局完勝で3勝2敗(2持将棋1千日手)とし初防衛まであと1勝です。

もし本局で永瀬叡王が勝つと4勝目をあげて初防衛達成となります。永瀬叡王防衛戦です。

 

豊島挑戦者が勝てば、追いついて史上初第9局突入です。

 

本局でもし永瀬叡王が勝てば防衛を決め、長丁場の七番勝負がついに終わりを迎えることになります。もしそうなれば永瀬叡王はタイトル獲得通算3期(叡王2期、王座1期)で、規定により八段から九段に昇段します。

 

永瀬叡王はつい3日前の9月3日、同じ陣屋で王座戦五番勝負第1局も勝っています。

 

豊島竜王は叡王戦第7局のあと、名人戦七番勝負第6局を戦い、渡辺明挑戦者に敗れ、2勝4敗で名人位を失いました。

 

 

9時47分頃、豊島挑戦者が入室。続いて49分頃、永瀬叡王が姿を見せ、上座に着きました。

両対局者が一礼して、第8局が始まりました。

 

戦型は角換わりに進んでいます。

 

今シリーズ、永瀬叡王が後手番となった対局のうち、第1局(指し直し局)、第2局は角換わり。第4局と第6局は横歩取りでした。

 

10時半過ぎ。23手目。豊島挑戦者は3筋の歩をつっかけて、果敢に仕掛けていきました。

 

結局、豊島将之竜王が勝ちました。

 

第9局は9月21日、東京・将棋会館でおこなわれることが予定されています。

今回の叡王戦七番勝負は、対局数、手数が多いことで注目を集めている。

次局の9局目が決定局となるが、第1局が千日手・指し直しとなっているため、実質的には“十番勝負”に。1982年の第40期名人戦、中原誠名人 対 加藤一二三十段(千日手2局、持将棋1局)と並ぶものとして話題になっている。

 

また七番勝負の合計手数は、第7局終了時の1232手が、既に最多記録となっており、本局の75手を合わせて、1307手で記録を更新した。

 

なお、対局によって持ち時間が異なるという独自ルールの叡王戦だが、第9局の先手・後手、持ち時間は本局終了後に決められ、振り駒の結果、豊島竜王の先手、持ち時間は永瀬叡王が選んだ各6時間になった。

 

これに豊島竜王は「なんとなく6時間かなという気がしていました。このシリーズは流れで、とことんやっていこうとなっているので、第9局も粘り強くと思っています。これだけたくさん戦って最後なので、悔いがないように指したいと思います」と抱負を述べた。

 

第9局は9月21日、東京都渋谷区の将棋会館で行われる。

 

第5期叡王戦七番勝負第8局豊島将之竜王・永瀬拓矢叡王対局棋譜。

叡王戦七番勝負第8局豊島将之竜王・永瀬拓矢叡王対局棋譜(全指し手)です。


将棋対局速報▲豊島将之竜王ー△永瀬拓矢叡王 第5期叡王戦七番勝負 第8局[角換わり]

第5期叡王戦第8局▲豊島将之竜王△永瀬拓矢叡王
豊島将之竜王が勝ちました。
(持ち時間:6時間)

 

 

まとめ

今回は「第5期叡王戦七番勝負第8局豊島将之竜王・永瀬拓矢叡王対局棋譜。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羽生善治九段

第33期竜王戦七番勝負第4局豊島将之竜王対羽生善治九段対局棋譜。

11月26、27日実施の第33期竜王戦七番勝負第4局対羽生善治九段対局講評と棋譜。結果は、豊島将之竜王が勝ちました。   豊島将之竜王   目次1 第33期竜王戦七番第4局豊島将之 …

藤井聡太王位・棋聖

第33期竜王戦決勝トーナメント藤井聡太棋聖対丸山忠久九段一局目棋譜(千日手局)

第33期竜王戦決勝トーナメント藤井聡太棋聖対丸山忠久九段の対局結果。7月24日対局は東京・千駄ケ谷の将棋会館で実施。結果は千日手成立となりました。 藤井聡太七段 目次1 第33期竜王戦決勝T藤井棋聖対 …

羽生善治九段

第92期ヒューリック杯棋聖戦二次予選決勝羽生善治九段対森内俊之九段戦棋譜。

1月28日実施の第92期ヒューリック杯棋聖戦二次予選決勝羽生善治九段対森内俊之九段戦の講評と棋譜です。結果は、森内俊之九段が勝ちました。 羽生善治九段 目次1 第92期FU杯棋聖戦二次予選決勝羽生善治 …

藤井二冠

ヒューリック杯棋聖戦藤井聡太の将棋「16手連続王手」をかわし続けた将棋

ヒューリック杯棋聖戦藤井聡太棋聖の将棋「16手連続王手」をかわし続けた将棋、なぜ「16手連続王手」が起きたのか? 藤井聡太七段 目次1  ヒューリック杯棋聖戦藤井聡太・渡辺明「16手連続王手」2 まと …

室谷由紀女流三段

第42期女流王将3番勝負第2局西山朋佳女流王将・室谷由紀女流三段棋譜。

10月13日実施の第42期女流王将3番勝負第2局。結果は、先手の室谷女流三段が115手で勝利しました。対戦成績1敗1敗となり、決着は30日の最終第3局に委ねられました。 西山朋佳女流三冠 女流王将・室 …