最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

自宅で死亡宣告を受け葬儀場で目を覚ましたタイムシャ・ボーシャンさん動画。

投稿日:

自宅で死亡宣告を受け葬儀場で、防腐処理直前だった20歳女性が目を覚ましたタイムシャ・ボーシャンさん動画。タイムシャさんはすぐにサイナイ・グレース病院に搬送されているが危険な状態が続いている。

タイムシャ・ボーシャンさん

タイムシャ・ボーシャンさん

タイムシャ・ボーシャンさん葬儀場で目を覚ます。

米ミシガン州デトロイト郊外に住む20歳の女性が、自宅で死亡宣告を受けた後に葬儀場で目を覚ました。女性が生きているのに気付いたのは葬儀場のスタッフで、死亡宣告からすでに3時間以上が経過していた。

葬儀場で生きているのが確認されたのは、米ミシガン州オークランド郡サウスフィールド在住のタイムシャ・ボーシャンさん(Timesha Beauchamp)20歳で、エンバーマー(遺体整復師)が防腐処理をしようと遺体収納袋のジッパーを開けたところ、パッチリと目を開けたのだという。

タイムシャ・ボーシャンさん

タイムシャ・ボーシャンさん

 

脳性麻痺を患っていたタイムシャさんは今月23日、自宅で泡を吹き呼吸困難に陥って倒れているところを家族が発見した。サウスフィールド消防局と警察署が現場に到着したのは7時34分で、当時の様子をこう語っている。

 

「我々が駆けつけた時、タイムシャさんはすでに呼吸をしておらず、心肺蘇生法などによる蘇生を30分間試みましたが、息を吹き返すことはありませんでした。」

搬送状況

搬送状況

 

「我々はその後、地元の救急救命医に電話をしてタイムシャさんの医療データを提供しました。そしてそれを確認した医師が、タイムシャさんの死亡宣告を行ったのです。」

 

「サウスフィールド警察署は、オークランド郡検視局にもタイムシャさんの医療データを提供しており、死亡宣告にあたっては必要な手続きを全て踏んでいるのです。」

 

しかしタイムシャさんの後見人で看護師でもあるサバンナ・スピアーズさんは「死亡宣告を受けた後、タイムシャが動いたのです。また微弱ですが脈があったような気がしたので、その旨を救急隊員に伝えました。しかし彼らから『それは今使った薬剤の影響で、自発的な動きではない。彼女は死んでるよ』と言われたのです」と当時を振り返る。

搬送先葬儀場

搬送先葬儀場

 

タイムシャさんは午前9時に遺体収納袋に詰められると、午前11時25分にデトロイトの葬儀場「ジェイムズ・H・コール・ホーム(James H. Cole Home for Funerals)」に向かう車に乗せられている。

タイムシャさんの家族が同葬儀場から連絡を受けたのはその20分後で、エンバーマーが遺体を消毒し、血液を抜いて防腐液を注入する作業をするところだったそうだ。

 

タイムシャさんはすぐにサイナイ・グレース病院に搬送されているが危険な状態が続いており、弁護士のジェフリー・フィーガー氏はこう述べた。

 

「これはまさに悪夢です。生きたまま葬儀場に運ばれ、血が抜かれていたと思うとゾッとします。タイムシャさんは現在、人工呼吸器に繋がれ、非常に危険な状態です。病院に搬送されたのは死亡宣告からすでに3時間以上が過ぎており、もしタイムシャさんの処置が早かったら状況は違っていたかもしれません。家族はサウスフィールドの消防署や警察署などを相手に訴訟を起こすことも検討しています。」

 

ちなみに2018年1月には南アフリカで、33歳女性が死亡後に棺桶の中で出産している。このケースも胎児を発見したのは葬儀会社のスタッフで、専門家は「遺体の腹腔内にガスが蓄積し、その圧力によって子宮から胎児の遺体が体外に押し出された“棺内分娩”の可能性がある。また死後に筋肉がいったん弛緩し、その後硬直することも関係しているのではないか」と分析していた。

タイムシャ・ボーシャンさん葬儀場で目を覚ます動画

私は脈を感じたのを知っています」とサウスフィールドファイヤー救急隊員が亡くなったと語った女性の名付け親は言う。


I know I felt a pulse,’ says godmother to woman Southfield Fire paramedics said had died

タイムシャ・ボーシャンさんの名付け親はインタビューで語ります。

「私は38年間看護師であり、脈があるときとないときは微妙に違うことを知っています。」と誤って死亡したと宣言された脳性麻痺の20歳の女性、Timesha Beauchampの名付け親であるサバンナスピアーズは言った。サウスフィールドの彼女の家族の家で日曜日救急隊員。

サウスフィールドの母親が娘が生きていることを知らされた状況。


How Southfield mother found out her daughter, declared dead hours before, was still alive

 

サウスフィールドの女性は、自分の家で死んだと宣告された後も、娘はまだ何時間も呼吸しているという電話を受けたと語った。

 

死んでいると宣言され、彼女がまだ生きていることが判明した葬儀場に送られたサウスフィールドの女性の家族を代表する弁護士は、家族が医療従事者に、まだ女性が呼吸しているのを発見できたはずと言ったという。

まとめ

今回は「自宅で死亡宣告を受け葬儀場で目を覚ましたタイムシャ・ボーシャンさん動画。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大量のタンブルウィードが街を襲う

オーストラリアで大量のタンブルウィードが街を襲う動画!

オーストラリアで大量のタンブルウィードが街を襲い、暴風で玄関前に積み上がる枯草に住民ら困惑している動画。どこを見てもタンブルウィードだらけ、片付けてもきりのない膨大な量に住民らはお手上げ状態。#Aus …

自転車のロードレース「クリテリウム・デュ・ドーフィネ」

ひょうがフランス自転車レースを直撃の動画!

ひょうがフランス自転車レースを直撃の動画。選手にミミズ腫れ被害がでるほどにハードなひょうでした。 自転車のロードレース「クリテリウム・デュ・ドーフィネ」 目次1 ひょうがフランス自転車レースを直撃2 …

青海の悠州の南前郡隕石

中国の青海悠州南前郡に隕石が落下!

12月23日、中国の青海悠州南前郡に隕石が落下した。ネチズンは、大きな音の後、青海の悠州の空を横切って巨大な火の玉が引いたというニュースを伝えました。それは太陽のようにまばゆいばかりで明るかった。巨大 …

ハリケーン「ゼータ」

ハリケーン「ゼータ」の今後の動き!

ハリケーン「ゼータ」Hurricane “Zeta”の今後の動き。米国立ハリケーンセンター(NHC)によると、ゼータは米中部時間26日午後4時(日本時間27日午前6時)現在、メ …

三峡ダム

2020年10月28日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況!

三峡ダムの水位も174mを越えて、175mに迫っています。試験貯水とはいえ、引き続き注意が必要です。三峡ダム ライブ。四川省阿波県の村が継続的な雨の影響を受け、土砂崩れが発生し、車両が閉じ込められ、多 …