最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

芸能

水沢アキの若いころと現在65歳でヌードになって7SNSの反響は! 

投稿日:

水沢アキ65歳でヌードに、現在66歳だが水沢さんの若いころはグラビアをはじめ、ドラマに歌、クイズ番組にバラエティにと、多方面で活躍。結婚もし子供も。今は離婚をし最近SNSでも話題、その声を紹介。

若いころの水沢アキ

若いころの水沢アキ

水沢アキの若いころ。

水沢アキさんは現在66歳だが水沢さんの若いころはグラビアをはじめ、ドラマに歌、クイズ番組にバラエティにと、多方面で活躍してきた。

1972年17歳のとき源氏鶏太の小説『青空娘』を原作とするTBSテレビドラマ『夏に来た娘』の主演・小野有子役を演じた。

 

水沢さんは念願だった芸能界入りをし、デビュー以降、数多のドラマや映画に出演し、レコードも出した。

翌1973年(昭和48年)7月1日、歌手としてもソニー家の三女というキャッチフレーズで、CBS・ソニーレコード)から『娘ごころ』でデビューした。

 

一方、当時在学していた山脇学園高等学校は芸能活動を禁止していたために中退、二階堂高等学校に転校した。

 

NHKの人気クイズ番組『連想ゲーム』では紅組キャプテンを務め、同じく一世を風靡したクイズ番組『なるほど!ザ・ワールド』ではレポーターとして世界を飛び回ったりも。

 

たくさんのCMにも出演するなど着実にキャリアを積んできました。

 

いっぽう、彼女の芸能人としての経歴と、切っても切り離せないのが数々のゴシップでした。

芸能人の水沢アキに対し「恋多き女」という印象を持たれました。

「たしかに若いころは、愛に生きる女だったかも(笑)。当時は、女たるもの男性に言い寄られてこそ、と思っていました。常に恋人がいないと女としてみっともないと、思い込んでいたんです」

と水沢さん自身も言います。

 

1980年代、俳優・国広富之と交際。人気者同士の美男美女のカップルで、二人で長期間アメリカ各地を周る旅をしたあと、1983年、婚約を発表する。

しかし国広富之の二股交際が発覚して結婚直前に破局。

 

若いころの水沢アキ

若いころの水沢アキ

1986年、31歳でガイ・スィーヒさんと結婚した。

ガイさんは人気キャラを使った英語教材会社の副社長。来日当初、4億円ほどだった日本支社の売り上げを、数年で十数倍に急伸させた敏腕ビジネスマンだった。

 

「自分で言うのもなんですが本当、セレブな暮らしぶりでしたね。100万円の家賃は会社持ち、お手伝いさんは3人いて、年に2回、ガイと彼の実家・コネチカットに帰るときは必ずファーストクラス、フロリダに別荘もありました」

1987年には長男、88年には長女と、2人の子宝にも恵まれた。

「幸せすぎたのかな。私ね、出産後も、2時間ドラマの仕事とか、やってたんです。でも、これは私だけかもしれませんけど、本当に満たされていると、演技で泣いたりできなくなっちゃうんですよ。本当に悩みましたよ、このままだと私、女優できなくなっちゃうかもって」

1993年、38歳で、夫から僕だけの水沢アキでいてほしい、ずっと家にいてほしい、何よりも、専業主婦になってほしいと言われ、仕事を捨てられず、水沢さんはガイさんと離婚した。

 

「離婚してから30年近く、私、誰ともお付き合いしてないんですよ。再婚したいなんて気持ちもサラサラない。昔、いっぱい経験して、わかったの。どんな素敵な人でも飽きるし、一緒なの。」

「優しい人は裏を返せば優柔不断で意志が弱い。元夫みたいな強い人は、近くにいて安心感はあるけれど、じつはわがままで、人の意見を聞き入れない。ね~、一長一短、結局一緒なんですよ(笑)。どうせ一緒だし飽きるなら、ひとりで生きるのがいちばん。」

「もう、自分の人生、男性に左右されたくないんです」

若いころの水沢アキ

若いころの水沢アキ

 

水沢アキ65歳のでヌードに。

 

2020年12月に出版した、全カット篠山紀信氏撮影による写真集『AKI MIZUSAWA 1975-2020』(小学館刊)が話題に。

 

グラビアアイドルとして一時代を築いた水沢の、45年間の歴史を収めた1冊。写真は全て篠山氏によるもので、当時の未発表作品や今年新たに撮影した作品などをまとめている作品。

 

なかでも注目されたのが、昨年撮影した65歳の裸が収められていること。

 

このヌードも含め、写真集の企画自体、水沢さんが自ら発案し持ち込んだものだった。

 

「撮影場所は私の自宅。満開の桜を背景に撮っていただきました。桜はきれいだけど、肝心の私がちょっと(苦笑)。でも、いいの。65歳だから胸も下がっちゃってるし、体重も増えちゃいましたけど、それでいいんです。私の集大成、45年分の軌跡を収めないと意味ないですから」

写真集の最終ページは、65歳で撮影した最新ヌードで締めくくられている。

水沢は「多少、体がおばあさんになっても、先生だからと安心して臨みました」と撮影を回想。写真がこぢんまりと仕上がったことには「ドーンと出るのではなく、小ささがいい。胸が下がっちゃってお見せできるものではないけど、目をつぶってみていただけたら」とコメント。

 

「いまも『肩書は?』って聞かれたら、『女優です』と言いたいし、そう答えてもいます。でもね、最近の芸能界、面白くないし、もちろん仕事もあんまり来なくなっちゃったし。もう時代が私を要求してないなって薄々、肌で感じるし。それで、最後に何をやりたいかを考えて……。私を熱烈に応援してくださったグラビアのファンの人たちに、芸能人生ラストにもう1冊、恩返しの写真集を届けられたらいいな、そう思ったんです」

 

女優水沢アキは、2020年都内で行われた写真集「AKI MIZUSAWA 1975-2020」(小学館)出版記念イベントに、写真家篠山紀信氏と出席した。

この日が66歳の誕生日でした。

 

水沢の写真集発売は、1995年の「AKI MIZUSAWA 1975-1995」以来25年ぶり。

 

完成した写真集を手に「1億、いや1兆点くらい!」と自己採点。

 

篠山氏への感謝を述べ、「私の人生そのもの。芸能界が大好きで、先生に19歳で出会えて、これだけ撮ってもらえた。これで安心して人生終われます」とコメント。

 

お気に入りの1枚には表紙の写真を挙げ、当時19歳の自分について「(表情が)強くないですか? 芸能界を泳いでこられたのは、この目があったから。よく撮ってもらえた」と言います。

 

 

水沢は、篠山氏が唯一長きにわたり撮り続けている女優という。篠山氏は水沢の変わらぬ明るさに「初対面のはじける健康的な美しさを、60になっても持ち続けている」とコメント。

 

「5年後にまた写真集は?」と聞かれると、「絶対撮りますよ!このエネルギーが延々と続くから、ぜひ撮らせていただきたい」と70歳の水沢を撮ることに肯定的でした。

 

水沢アキのCM動画集

 


1977-1992 水沢アキCM集 with Soikll5

 

水沢アキ65歳のでヌードでSNSの声。

現在66歳の水沢アキさん、昨年65歳のでヌードを撮ったでSNSの声を見てみましょう。

 

「この方が17歳の時、森本レオに処女を奪われた話を聞いてから、真偽はともかく独特の語り口の個性派俳優の認識だった森本さんのイメージが大きく変わった気がする。」

「彼女がまだ新人十代の時に森本レオに酷い仕打ち受けた件は何故ほぼもみ消されてるのだろ?
今だったら森本レオはテレビに一切出れない卑怯な事件。」

「この人は以前から面白いですよね。ニコニコしながら明るい感じでハッキリ何でも話す感じが面白い。ごきげんようでニコニコしながら爆弾発言をしてて面白いキャラの人だと思った。
このインタビューも本音で話している感じでかなり楽しかった。

森本レオの件を告発してくれたのも印象的でした。時が経っても許されることではありませんから。
石原真理子にも被害の告発をされて、森本レオは完全にメディアから姿を消しましたね。」

「この方、以前小さいお子さま連れでテレビに出た際、ハーフである娘さんのことを本人が居るのに「あんまり可愛くないんだけどね」って言ってた事が、衝撃過ぎて忘れられない。
謙遜で言ったのかもしれないけど、あれは子ども心に「傷つくわー」と思った。」

「宮崎美子は女性が見ても綺麗だなと思うくらい、体が若々しかった。水着姿は、すごく努力され続けてキープしてるんだろうなと。。
この方はどうなんだろう。ヌードって、、、。誰が見るんだろう。。」

「以前テレビ番組で子供が暴力的毒親と言っていて内容が、虐待に近いものがあって(暴言を言いながら唾を吐きかけられたとか)引いたというか、気性が激しくて大変な人なんだなあと思った。自分が!っていうのが強いんだろうね」

「かつて付き合っていた国広富之さんが、浮気をして怒り心頭で、記者会見を開き、その場で別れの経過を語ったときには、なんて気が強く食って、プライドの高い人なんだと思いましたが、その後突然ヘアーヌード写真集を出して、あのプライドは何処へ行ったのかと、正直驚いたモノでした。それからは何度脱いでも、今の坂口杏里さん状態ですね。やはりこの方は、少し病んでいるのでしょう。」

「アマゾンで見たら写真集6,600円とかで
若い頃の写真がほとんどで、現在の写真は1枚だけとか
誰か書き込んでた。色々な理由で写真集買うには勇気がいるようです。」

「TVだといい人キャラだけど、息子さんだったかな?虐待に近い事してて疎遠になったんだよね。それから見る目変わった。」

 

「電動の人久しぶり見ました。森本レオの件もこの人でしたね」

「>>どんな素敵な人でも飽きるし、一緒なの。優しい人は裏を返せば優柔不断で意志が弱い。元夫みたいな強い人は、近くにいて安心感はあるけれど、じつはわがままで、人の意見を聞き入れない。

水沢さんは、男から何かを与えられることしか期待できない方で、自分から何かを男に与えたり、一緒に共有したりということを考えることができない方なのでしょう。」

「森本レオ、ジャッキー・チェン。赤裸々は独白内容に水沢さんのイメージが変わった事を覚えています。65歳には思えないお若さですがさすがにもう・・男性遍歴を語られた後は
もう・・宜しいでしょうに。」

 

「お父さんが学校の先生で固い家に育って清純で売っていたので。
国広富之の浮気が許せないと言っていましたねw
その当時話題になっていました。
その頃は水沢は売れっ子で、今でいう綾瀬はるかのような感じでCMやドラマに引っ張りだこでしたねw」

「まあ、人によるけど考え方次第だわな。
飽きると言えば飽きるのかもしれんけど、家族なんだから飽きるとかそういう問題じゃない気がするわ。
飽きるなら飽きないように工夫するとかさ。
努力を怠っているとも言えなくもない。
例えば、飽きたから離婚とか、子育てに飽きたとか言われても言われた方は戸惑うしかないわ。
ホント、考え方次第だと思うわ。」

「少年隊の錦織さんのファンでしたが、この人とのベッド写真や、交際関係の記事が出てから、いっきに冷めて錦織さんのファンを辞めました。

その後私も結婚、子育て、仕事と多忙に生き、30年近く過ぎて、改めてYouTubeの動画を見て、(勝手ながら)錦織さんのファンに戻りました。」

「生きてたらいろんなことがあるよなー
自分にもいろんなことがあったものなー

とは思いますが、未だに錦織さんが
(どうしてこんな知性のかけらもない人が好きだったのか?)
疑問です。今はそんなこんなも全て含めて錦織さんの隠れファンです。」

「昔この人の主演舞台のDVDを見たことがあるけど、演技が下手で驚いた。
名前だけは知ってて、実力派なのかと思ってた。
出演者の彼女へのコメントがみんな同じで、必死になんとか褒めようとしてるのが伝わってきて、慕われてはなさそうだな、と思っていたら虐待の話を聞いたのですごく納得した。」

「お話を聞く限りでは、たぶんこの方自信が自分しか愛せない、わがままな人なんだと思いました。恋の相手は多くても、愛されたことが無いのかも。」

「どんな素敵な人でも飽きるは経験者として凄く実感が湧きますね、、、飽きます。
生涯、飽きずに過ごせるパートナーを見つけるのも稀でありますが、、、余程、私生活での価値観が同じで無いと難しいでしょう。
何かの漫画の一コマでもう離さないと抱き合う1シーンと晩年のもう話さないのお互いの1シーンには妙に納得したものです。一人の方が自由で気は楽です。」

「色んな意見があるとは思いますが、自らの人生だから納得してるなら恥じる必要はないと思います。
自分から色んな話を暴露しようが、裸の写真集を出そうがそれが自分自身の意思なら。
ただ、個人的には過去の多くを語らず、ミステリアスな女性に魅力を感じます。」

「若い頃はキュートな魅力のある人でしたね。でもどこか安っぽいというか。
自分のことをあまり語り過ぎるのもよくないのかも。
高齢でも健康と美貌を保つ努力をされるのは素晴らしいことだと思いますが、宮崎美子さんにしてもこの方にしてもなぜ敢えてそういう写真を撮って世間にアピールされるのか理解に苦しみます。
所詮,その歳にしては…の但し書き付きに過ぎないでしょう?

昔の女優さんが今でも伝説的になって人の心に残るのはそんなふうに自分を安売りされなかったからでは?
まぁ、時代が違うといえばそれまでですが。」

「最近、CS系の宣伝番組で褒めながら品物を売っているだけの仕事ばかりだから、ヌードの仕事が来て 良かったですねCS系の放送で、今は女優とか男優なんてしていない人が
稼ぐ為に出ている姿は全盛期を知っている世代には辛い事です
頑張ってください」

「以前、バラエティに出演された時の異様なハイテンションが怖いくらいで、この人大丈夫なんだろうかと思うと同時にとても苦手になった。その時の顔がこの写真と同じ。
子どもに対しても酷かったですから、家族ともうまくいっていないのではないかなと感じます。暴露本やこの年齢でのヌードなど、もうこうして生きていくしかないからなのかなと。」

「良くも悪くも、芸能界に染まりきった古いタイプのザ芸能人って匂いがする方。バブル時代を謳歌して、この世は私の為にあるくらいに思ってたんじゃないかと思う。
結婚しなくとも、一生男なしには生きていけないタイプだと思う。」

「昔、婚約解消して、お相手の俳優さんの愚痴をべらべらしゃべっていたのをテレビで見て子供ながらに嫌な気持ちになった事を覚えている。」

 

「以前働いていた空港関連で電話対応したさいに、「何であたしがわかんないの!?早くしなさいよ!」と登録されていた名前と違っていたので処理出来ず延々とヒステリックに言われましたのを思い出しました。
まぁこの記事に関係ないのですが、皆が自分を知っていると勘違いしている方の話題は…。
別にいいのですが、頑張って下さい。
本名をきちんと言える大人になられる事。これは大事なので。」

「むか~し昔の話だけど、こんなおばばんのせいで、アイドルグループ『S』の『N』がスキャンダルに捲き込まれてイメージダウンした事、今でもハラワタが煮えくり返る思いです。」

「水沢さん今になってまた何故写真集を??
自分用に一冊だけ作って自分で見て楽しんでいればよいのに
わざわざ公開してまで?
レンタルスタジオやってらっしゃるそうなので
やっぱりお金が必要なのでしょうね。」

「優しい=優柔不断、真面目、つまらないとは思う。強い=面白いが自分を押し通すと思う。結局、優しい、強いではなく趣味や興味が合うとか性格的な相性の問題だと思う。」

「昔脚光を浴び、セレブも十分味わったみたいだけど、結局男運はなかったみたいですね。」

「優しい人は裏を返せば優柔不断で意志が弱い。元夫みたいな強い人は、近くにいて安心感はあるけれど、じつはわがままで、人の意見を聞き入れない。ね~、一長一短、結局一緒なんですよ(笑)。どうせ一緒だし飽きるなら、ひとりで生きるのがいちばん。もう、自分の人生、男性に左右されたくないんです」

66才になってこの言葉が物語っている。優しくても意志の強い男はいるし、強い男でも人の意見を聞くやつはいる。特殊な世界しか知らない女性の言葉。」

 

「小学生の頃に「連想ゲーム」で拝見してました。笑顔が可愛らしく、嫌味もなく、理想の……叔母とか担任教師みたいな印象でしたが、母は水沢さんが嫌いみたいで、どこを何故嫌うのか不可解でした。
数年後、高校生になった僕は、スコラだかGOROだかペントハウスだか、その手の雑誌で掲載された、若い頃の水沢さんの破壊力抜群のヌードを見て、その肢体に圧倒されながら、若かりし頃の奔放な遍歴を想像し、何故に母が嫌悪を示したのか、瞬時に合点がいったのでした。」

「娘様は壁画を描く画家になりハンサムな外国人と結婚して仲良く過ごされてるのをテレビで見ましたが離婚されたとか。
水沢さんは趣味が高じてダンススタジオを開いてましたがコロナ禍で維持するのが大変になったのかも?」

「65歳で裸を人様に御覧頂ける。その自信がすごいわ。
65歳というと、高齢者。年金も始まるとしです。
すごいわぁ。お手入れもお金をかけてきたんだろうけれども、勇気がすごいわぁ。
私なんてとてもとても、殿方はおぞましい者を見たくないだろと、おもっちゃって。
すごいわぁ。宮崎さんの水着も、驚いたけれども、皆さん素晴らしい。勇気がもらえる。
ひょっとしたら私も、まだまだかも。なんてとんでもない思い違いをしてしまいそうです。」

「別に60代がヌード出しても構わない出版されるからには需要あるんだろうしね。

しかし息子のジュリアンが可哀想姉は父親についてアメリカだからアメリカで無名の人が何しようが構わないだろうけど同じく芸能界で生きてるジュリアンは水沢の息子だからイメージ悪すぎて日本じゃ難しそう下手に数年前に水沢息子としてバラエティ出てしまったのがマイナスに今じゃなってる。

そしてアメリカでは単なるアジアハーフだろうし今のアジア差別考えたら難しい」

「水沢さんの考え方だと、パートナーだけでなく、誰とも合わなさそうですね。優しいと優柔不断で、強いとワガママ。視野が狭すぎ。それにしても歯が真っ黄色に見えます。芸能人なら何とかしそうな気もするのですが。」

「これはそもそも本人以外の誰得なんだろうか。経済的な問題なんだろうけど近親者は誰も止める者いなかったのか。子どもの頃に楢山節考って言う映画見たけど映画の内容は忘れましたが当時70歳の清川虹子さんの濡れ場ヌードがショック過ぎて今でもそこだけ覚えていてトラウマになっています。水沢さんのを見たらそれ以来の悪夢になると思う、子どもに見せたらアカンやつでしょう、トラウマになると思う、大人になってもフラッシュバックする。」

「45年間のヌードも元旦那の話もすべて痛々しい。若かりし頃のルックスとプライドを引きずってたらそりゃあ仕事もなくなりますって。それでも自分が学生の頃はとてもお世話になりましたのでね。そういう意味では感謝しております はい。」

「世代じゃないし興味ないけどもし写真集出すなら若い頃に撮影したのを
この年代になってから売れば良いかもね
一般人よりは素晴らしいプロポーションなんだろうけど
遠山の金さんの密偵やってたの子供の頃に観て可哀想なラストに泣いた記憶がある」

「失礼ながら…この年になっても裸が金になるって、水沢さんの認知度があっての事だけど、裸の写真が金に変わる需要がある事がスゴイ。」

「人は自分が辛い経験をしているからこそ人の痛みが解る!!それこそが人が生きる道!!人の前ではいつも笑顔でいる!!なかなか出来ない事だよね!!最近はあまりTVでは見ないけど!たまにTV通販に出てはいますが!!まぁ人生色々あら?な!!売れると良いで」

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/1d618f6544dd47526b5a581ef0eaf4103da692a3/comments

以上SNSの声でした。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

倉田さんと中江氏

中江 滋樹 がアパートで孤独死、アイドル倉田まり子との関係は

中江滋樹の現在の情報です。つい最近、中江 滋樹 がアパートで孤独をしていました。かつて、「兜町の風雲児」と言われ、政財界、マスコミにも関係し、当時アイドルだった倉田まり子を芸能界引退まで追い込んだが、 …

小出恵介

小出恵介の復帰活動再開はアメリカのミュージカル出演【主役で全編英語】

小出恵介さんは2018年10月に就労ビザを取得し渡米して英語を学びながら、昨年1月から演劇学校へと通いオーディションを受けて、主演の座を得ました。今年9月にニーヨークで上演されるミュージカルに出演し復 …

垣内りか

垣内りか、実妹逮捕で謝罪「深く深く反省」その罪状とは何?

垣内りか(愛内里菜から改名)、実妹逮捕で謝罪「深く深く反省」とのコメントを発表。その実妹垣内求実子の罪状とは? 垣内りか 目次1 垣内りかの謝罪2 垣内りか、実妹の罪状3 垣内りかの活動の動画4 まと …

やらせ番組が頻発のTBS

TBS系番組でまた「やらせ」疑惑。「教えてもらう前と後」

TBS系番組でまた「やらせ」疑惑。内部から告発。 系列の毎日放送(MBS)の制作とはいえ、あの滝クリがMCをつとめる番組に内部からの告発が出ていました。内部から告発が やらせ番組が頻発のTBS 目次1 …

心をささげる

NHK「あさイチ」おっぱい特集またきわどいことしてる!が話題

朝の時間帯で話題が尽きないのがNHK「あさイチ」今回は朝から「おっぱい特集」またやってくれました。朝からネットでも「またきわどいことしてる」と話題に。 目次1 NHK「あさイチ」の「おっぱい特集」で「 …