最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

商船三井の座礁船燃料流出でサンゴ危機動画!インド人船長逮捕!

投稿日:2020年8月8日 更新日:

商船三井の座礁船燃料流出でサンゴ危機、現地政府が緊急事態宣言の動画。サンゴ礁(自然)に与える影響、浅瀬に近づいた理由は何か。若潮船が座礁し、油がモーリシャス沖の海に流出した悲惨な状況は取り返しのつかないことをしてしまった。目を覆うような光景です。インド人船長逮捕!

座礁船燃料流出

座礁船燃料流出

 

商船三井の座礁船燃料流出でサンゴ危機

座礁船燃料流出

座礁船燃料流出

 

インド洋の島国モーリシャス沖で商船三井が運航する大型貨物船が座礁し大量の燃料が流出した事故で、モーリシャス政府は7日、サンゴ礁などが被害を受け危機的な状況にあるとして環境上の緊急事態を宣言した。

 

 

ジャグナット首相は上空から撮影した現場の写真をツイッターで公開。モーリシャス政府は、貨物船を現場から移動させるためフランス政府に支援を要請した。

 

座礁船燃料流出

座礁船燃料流出

 

貨物船は現地時間の7月25日に座礁し、今月6日から燃料が流出。サンゴ礁がある浅瀬で傾いた船体から黒褐色の油が漏れ、広範囲を汚染した。沿岸部には国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に指定された区域もある。

 

 

インド洋の島国モーリシャス沖で7月25日夜に大型貨物船が座礁し、燃料が漏れ出した。

 

貨物船を所有する長鋪汽船(岡山県)の広報担当者が7日明らかにした。運航は商船三井が担っていた。

 

付近にはサンゴ礁が広がり、沿岸部には国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に指定された地区もある。

 

現地からの報道によると、モーリシャスの環境省は6日、サンゴ礁などが被害を受ける恐れがあるとして「危機的な状況だ」と声明を発表した。

 

長鋪汽船の広報担当者は「環境への影響を最大限防ぐため、フェンスを張りオイルの回収作業を進めている」とコメントした。

 

事故後の経過の様子

モーリシャスで貨物船から油が漏れている船体に大きな亀裂が発生したと伝えられており、首相に「2つに壊れるかもしれない」と警告するよう促した。

MVワカシオは、4,000トンの燃料油を運んでいると考えられており、7月25日にインド洋の島のサンゴ礁に座礁しました。

悪天候にもかかわらず、プラビンドジュグノート首相は月曜日に500トンが無事に汲み上げられたと述べた。

しかし、彼は国が「最悪のシナリオ」の準備をしていると警告しました。

モーリシャスには世界的に有名なサンゴ礁があり、観光は経済の重要な一部です。

燃料はヘリコプターで岸に、同じ日本の会社であるナガシキ・シッピングが所有する別の船に移されました。

 

フランスは汚染防止装置を備えた軍用機を近くのレユニオン島から派遣し、日本は6人のメンバーのチームを派遣してフランスの取り組みを支援しました。

 

モーリシャス沿岸警備隊といくつかの警察ユニットも島の南東のサイトにあります。

週末以来、ボランティアは畑からわらを集め、袋を埋めて油に対する障壁を作っています。

 

他の人は、努力に追加するためにタイツと髪で彼ら自身のチューブを作りました、そしていくつかは島のビーチを掃除しています。

 

彼らの行動は、清掃を地方自治体に任せるよう政府に求める政府の命令に反しました。

 

「人々は物を手に入れる必要があることに気づきました。私たちは動物や植物を保護するためにここにいます」と環境活動家のアショクサブロンは日曜日にAFP通信に語った。

船の運営者である三井OSKラインズは日曜日、船の周りに独自の封じ込めブームを設置しようとしたが、荒れた海のために成功しなかったと語った。

 

パナマで登録されているばら積み貨物船は、着陸時に約4,000トンの燃料を積んでいたと考えられています。すべての乗組員が避難した。

1,000トン以上の石油が島国を取り巻く海に漏出したと考えられています。

 

環境への恐怖

環境保護論者は、国の生態系への影響を懸念しています。

MVワカシオは珍しい野生動物の聖域として知られているポワントデニーに座礁しました。

この地域には、湿地に関するラムサール条約によって国際的に重要な場所として指定されている湿地も含まれています。

Greenpeace AfricaのHappy Khamuleは、「数千の」動物種が「汚染の海で溺死するリスクがあり、モーリシャスの経済、食料安全保障、健康に悲惨な結果をもたらす」と警告した。

モーリシャスには「独特の遺伝子構成を持つ爬虫類の世界で重要な個体群」があり、これは絶滅危惧種の1つである可能性があると、モーリシャス野生生物機構の保護責任者であるVikash Tatayaは述べています。

記者会見で、三井OSKラインの小野昭彦副社長は、流出と「私たちが引き起こした大きな問題」について「公式に」謝罪した。

 

彼は会社が「問題を解決するために彼らの力ですべてをする」と誓った。

 

モーリシャスの警察は彼らが捜査令状を与えられたと言い、調査に役立つために船に乗船して船の航海日誌のような興味のあるものを持ち帰ることを許可した。船の船長は、警官の捜索を支援します。

 

金曜日、モーリシャスのプラビンドジュグノー首相は緊急事態を宣言し、支援を求めた。

 

インド人船長逮捕

地元警察当局は18日、インド人の船長ら2人を航海の安全を脅かした容疑などで逮捕した。地元メディアが報じた。

 

地元紙レクスプレスなどによると、船長らは8月18日、首都ポートルイスにある裁判所に出廷。次の裁判日程がある25日まで警察の留置施設に収容されるという。

 

貨物船は岡山県の長鋪(ながしき)汽船が所有し、商船三井がチャーターして運航。

中国からブラジルに向かう途中の7月25日、モーリシャス南東部の沖合約1・5キロの地点で座礁した。

 

インド人船長のほか、スリランカやフィリピンの船員計20人が乗船していた

 

 

商船三井の座礁船燃料流出でサンゴ危機の動画

若潮船が座礁し、油がモーリシャス沖の海に流出した。油がモーリシャス沖の海に流出した悲惨な状況は取り返しのつかないことをしてしまった。目を覆うような光景です。

 


The Wakashio ship ran aground and oil spilled into the ocean off Mauritius 🌴-National emcy declared

 


Mauritius Oil Spill – MV Wakshio – Latest Update – Dernière mise à jour de la marée noire à Maurice

モーリシャスの油流出恐怖の船は亀裂が現れると「2つに壊れる」かもしれない。


Mauritius oil spill Fears vessel may ‘break in two’ as cracks appear

 

モーリシャス沖で座礁貨物船完全に割れる動画

 


ーMauritius oil spill: Grounded Japanese ship splits in two | DW News

 

モーリシャス沖で座礁して以来、1,000トン以上の油をこぼした日本のばら積み貨物船は2つに壊れました。

 

当局によると、分割は船の状態が一晩で著しく悪化した後、貨物倉の亀裂によって引き起こされた。

 

緊急チームと何千人ものボランティアが、船に残っている燃料を吸い上げるために競争しています。

 

モーリシャスの油流出事故を引き起こした日本のばら積み貨物船が半分に壊れた。


Stranded tanker breaks in two off the coast of Mauritius

 


Japanese bulk carrier that caused Mauritius oil spill breaks in half

モーリシャス沖MOLケープサイズバルカー若潮座礁。


MOL Capesize Bulker Wakashio Aground off Mauritius


Ship Accident- Bulk Carrier Wakashio Run Aground on Reef off Mauritius

 


Ship accident#Bulk carrier WAKASHIO sitting on reef off Mauritius starts to leak bunker fuel

 


2020-07-26 – MV Wakashio – Beached at Pointe D’Esny

 

サンゴ礁(自然)に与える影響

専門家によると、今生き残っているサンゴも、海洋熱波への抵抗力が衰えている可能性がある。

海洋熱波は気候変動の結果、この海域を襲うようになっており、一部で既にサンゴ白化現象を引き起こしている。

これ以上、そうした状態が続けば、サンゴ礁の将来は非常に暗くなると専門家は懸念する。

 

マングローブ林への影響も懸念されている。マングローブの根は幼魚を育む場所を提供している。

 

英エクスター大学の海洋保護教授、カラム・ロバーツ氏は、重油がマングローブ周辺の堆積物の中にも沈殿し、カニや軟体動物や稚魚を窒息させる可能性があると指摘。

 

「いったん堆積物の中に沈殿すれば、除去は非常に難しい。樹木は病気になって死ぬかもしれない」と言う。

 

マングローブに巣を作ったり、近くの干潟から飛び立ったりする渡り鳥も悪影響を受けやすい。重油を摂取したりしてしまった鳥は病気に弱くなり、飛べなくなる恐れすらあると、専門家は言う。

 

マングローブと同じく、大量の二酸化炭素を吸収する海藻は、海岸を波から守る上で不可欠の役割を果たしている。

 

また、陸地では打ち上げられた油が固まり、永続的な変化をもたらす恐れがある。

 

2010年のメキシコ湾岸原油流出事故のその後を研究した米ルイジアナ州大学の環境科学者、ラルフ・ポーティエ氏は「長期的には油はたまり、そこで散ったり劣化したりすることで、海岸がアスファルトのようになる可能性がある」と説明。

「悲劇そのものだ」と語った。

 

浅瀬に近づいた理由は何か!

 

アフリカ南東部のモーリシャス沖合で日本企業が所有・運航する大型貨物船が座礁し、燃料油が流出した問題で、地元紙レクスプレスは13日、貨物船の複数の船員が地元捜査当局の調べに対し以下供述。

「WiFiに接続するために島に近づいた」「事故前に船員の誕生日会を開いていた」と供述していると報じた。

 

 

事実であれば、事故を招いた貨物船側の判断や管理態勢などが厳しく問われることになりそうだ。

 

事故当時、貨物船にはインド、スリランカ、フィリピンの船員20人が乗っていたが、全員救助された。貨物船をチャーターしていた商船三井などは9日の記者会見で、座礁した原因について「高波や強風で浅瀬に近づいた可能性がある」と推測していた。

 

モーリシャス政府は、船主である長鋪(ながしき)汽船(岡山県)に賠償を求める方針を示している。

 

同社の広報担当者は「当事者としての責任を痛感しており、賠償については誠意を持って対応する」と説明している。

 

まとめ

今回は「商船三井の座礁船燃料流出でサンゴ危機、緊急事態の動画!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三峡ダム

2020年9月18日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

湖南省湘西県に、青い暴風雨警報信号が発令されました。鳳凰県、華源県、宝景県の降水量は、今後12時間で50 mm以上に達する見込み。今年2020年は、中国各地で地すべり、土砂崩れが発生。早急な非難が大切 …

黄河洪水

2020年8月20日の中国、黄河流域の洪水の状況。

長江と黄河が同時に披露されています。 8月19日、長江の上流は「2020年の長江5号洪水」の到来を告げ、黄河は轟音を上げていました。8月18日、黄河は2020年の5号洪水を経験しました。陝西北部の延安 …

no image

畜牛5800頭乗せた貨物船「ガルフ・ライブストック1」遭難の動画!

乗員43人と畜牛5800頭乗せた貨物船「ガルフ・ライブストック1」が遭難、1人救助の動画。乗員43人を乗せて太平洋を航海していた貨物船が消息を絶ち、フィリピン人の乗員1人が救助された。日本の海上保安本 …

黄河流域の洪水

2020年8月14日の中国、黄河流域の洪水の状況。

黄河は4回目の洪水に見舞われ、甘粛省、陝西省漢中市で、家屋が倒壊。黄河の2020年に第4洪水発生。四川省成都で大雨が降り、市内は雨で覆われました。 黄河流域の洪水 目次1 8月14日の中国、黄河流域の …

秋田港でイカ釣り漁船が爆発炎上

【速報】秋田港でイカ釣り漁船が爆発炎上の動画!

【速報】秋田港でイカ釣り漁船が爆発炎上の動画!秋田港でイカ釣り漁船が爆発炎上し、けが人がいる模様です。 秋田港でイカ釣り漁船が爆発炎上 目次1 【速報】秋田港でイカ釣り漁船が爆発炎上。2 【速報】秋田 …