最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

元キング・クリムゾンのゴードン・ハスケルが死去、プロフィールなど!

投稿日:

元キング・クリムゾンのシンガー、ゴードン・ハスケルが死去。享年74歳。キングクリムゾンのギタリストであるロバートフリップは学校の時からの友達で「うまく飛べよ、ゴードン」と追悼の言葉を上げている。#Former King Crimson singer Gordon Haskell dies

ゴードンハスケル

ゴードンハスケル

元キング・クリムゾンのゴードン・ハスケルが死去

ゴードンハスケル

ゴードンハスケル

 

キング・クリムゾンが1970年に発表したセカンド・アルバム『In The Wake Of Poseidon(ポセイドンのめざめ)』(一部)とサード『Lizard(リザード)』の制作に参加したヴォーカリスト/ベーシストのゴードン・ハスケルが、74歳で亡くなった。

 

10月18日、彼のFacebookを通じ、訃報が伝えられた。死因は明かされていない。

 

元キングクリムゾンの歌手兼ベーシストのゴードンハスケルが74歳で死去した。

 

Facebookの公式ページによると、70年代初頭にベースを演奏してキングクリムゾンのために歌ったゴードンハスケルは74歳で亡くなりました。

 

今日の初めの投稿で、「多くの人に悲しげに惜しまれる素晴らしいミュージシャンであり素晴らしい人物であるゴードンの死去を発表するのは非常に悲しいことです」と述べています。

ゴードンハスケル

ゴードンハスケル

 

キング・クリムゾンは「KCでの彼の日々は、彼の長いキャリアにおいてとりわけハッピーなものではなかったが、The Wake Of Poseidon、そして特にLizardでの彼の業績はクリムゾン・コミュニティで高く評価されている」との声明を出し、フリップが設立したレーベルDiscipline Global Mobileのサイトで「GORDON HASKELL RIP」と、ハスケルの経歴や功績を紹介した。

 

「ゴードンハスケルのFacebookページは、ゴードンが亡くなったことを報告しています。KCでの彼の時間は、彼の長いキャリアの中で特に幸せな部分ではありませんでしたが、ポセイドンのめざめ、特にリザードでの彼の仕事はたくさんあります。クリムゾンコミュニティで賞賛されました。」

 

ロバート・フリップは「うまく飛べよ、ゴードン」と追悼の言葉を上げている。

 

ハスケルは1969年リリースの『Sail In My Boat』をはじめ、計13作のソロ・アルバムを発表しており、2002年にリリースした『Harry’s Bar』は全英2位につけた。

 

2020年1月にニュー・アルバム『The Cat Who’s Got The Cream』を発表し、新型コロナウイルスの感染が拡大するまではライブ活動も行なっていた。

 

ゴードン・ハスケルのプロフィール

ゴードンハスケル

ゴードンハスケル

 

ゴードンハスケルは、1946年4月27日、英国ドーセットで誕生。

 

イギリスのミュージシャン兼ソングライター。

 

ポップ、ロック、ブルースのボーカリスト、ギタリスト、ベーシストである彼は、キングクリムゾンのギタリストであるロバートフリップの学校の友達でした。

 

ハスケルは、60年代半ば、サイケデリック・ポップ・バンドFleur de Lysにベーシストとして加入。

 

曲を制作すると同時に、アトランティック・レコーズのセッション・ミュージシャンとしても活動した。

 

ゴードン・ハスケルは最初に英国のバンドTheFleur de Lysのベーシストとして認められ、その後キングクリムゾンで短期間過ごし、2枚目のアルバムで1曲を歌い、3枚目のアルバムでベースを歌ったり演奏したりしました。

 

ゴードンハスケル

ゴードンハスケル

 

キング・クリムゾンには、オリジナル・ヴォーカリストのグレッグ・レイクが脱退したとき、学生時代の友人で一緒にバンドを結成したこともあるロバート・フリップから誘われ、加入した。

 

しかし、音楽性の違いなどから短期間で脱退することとなった。

 

結局、彼は1970年9月に厳しい状況でバンドを去った。

ゴードンハスケル

ゴードンハスケル

 

シド・スミスの著書 『キング・クリムゾンの法廷』は、地位とロイヤルティに対する不快感に言及しており、ロバート・フリップは、ハスケルがキング・クリムゾン自身のプログレッシブ・ロック・サウンドよりもモータウンを好んだことについてコメントしている。

ゴードンハスケル

ゴードンハスケル

 

クリムゾンでは場違いであり、彼の(比較的マイナーな)関与の結果として、30年近く苦痛に苦しんでいます。」

 

1970年ポセイドンの、フォローアップのリザードで歌い、ベースを演奏した。

ゴードンハスケル

ゴードンハスケル

 

1971年にAtlanticRecordsItIs And It Is n’tをリリースしました。

 

これは、将来のキングクリムゾンのベーシストであるジョンウェットンからゲスト出演し、後にフォークプロガーのスタックリッジにほぼ参加しました。

ゴードンハスケル

ゴードンハスケル

 

キングクリムゾンを離れた後、彼はソロミュージシャンとしての音楽キャリアを続け、2001年にヒット曲「HowWonderful You Are」で国際的に認知され、プラチナを販売するアルバム「Harry’sBar」が続きました。

 

ゴードンハスケルの動画

2001年にヒット曲「HowWonderful You Are」で国際的に認知された。

 


ー  Gordon Haskell How Wonderful You Are

2002年にリリースした『Harry’s Bar』


ー     How Wonderful You Are

 


ー   GORDON HASKELL – Someone I Knew

 

2020年1月にニュー・アルバム『The Cat Who’s Got The Cream』を発表。


ー      The Cat Who’s Got the Cream

 

King crimson lizard


King Crimson – In The Wake Of Poseidon (OFFICIAL)

 

まとめ

今回は「元キング・クリムゾンのゴードン・ハスケルが死去、プロフィールなど!」というテーマでお送りいたしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソロアーティストとして何年も苦労した後、2001年のLookOutアルバムのHaskellのHowWonderful You Areは、UKチャートで2位になりました(RobbieWilliamsとNicoleKidmanのSomethin’Stupidのカバーでクリスマスナンバーワンのスロットを否定しました)。

 

この成功は、2002年にHarry’sBarアルバムをリリースしたEastWestRecordsとの大きな取引につながりました。Haskellは今年初めにTheCat Who’s Got TheCreamをリリースしました。

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン生い立ち、身長、結婚、音楽活動。

マーク・ロンソンは、ギタリストのミックジョーンズを義理父にもち、ジョン・レノンの息子であるショーン・レノンとは13歳の時からの親友でした。1993年にニューヨークのクラブシーンでDJとして名を馳せます …

服部克久

作曲家の服部克久さん死去、プロフィール、代表作品など。

作曲家の服部克久さんが死去しました。享年83歳。服部克久さんは、作曲家で、編曲家としても知られ、さだまさし・山下達郎・竹内まりや、谷村新司、柏原芳恵、尾崎豊、松山千春などの楽曲の編曲やストリングス(弦 …

ベニー・マードネス

ベニー・マードネス死去、実績や結婚などのプロフィール。

1980年の大ヒット曲「イントゥ・ザ・ナイト」(Into the Night)で最もよく知られているミュージシャンのベニー・マードネス(Benny Mardones)は、パーキンソン病との20年にわた …

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト生い立ち出身、代表曲や交際相手ほか最新情報

2019年に世界で最も売れたアルバムに贈られる「Global Album of 2019」に選ばれた。テイラー・スウィフト生い立ち、両親、兄弟など。歌手活動、代表曲。テイラー・スウィフト最新情報、現在 …

Dave Greenfield

「ストラングラーズ」のデイブ・グリーンフィールド死去、音楽活動、メンバー哀悼

英国のパンクバンドの「ストラングラーズ」のキーボード奏者デイブ・グリーンフィールドがコロナで死去しました。コーンウェルが生物学の博士号をもち、デイブ・グリーンフィールドさんは音楽大学でクラシックを専攻 …