最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

中国大型ブースターロケットの残骸が2022年8月初めに地球落下か!

投稿日:

中国の巨大なブースターロケットの残骸が無制御状態で2022年8月初めに地球に落下する可能性がある。宇宙ステーションに新しいモジュールを届けた巨大な中国のロケットの残骸は、ロケットの軌道を追跡している米国宇宙コマンドによると、2022年8月初めに地球に落ちると予想されています。詳細動画。

 

中国大型ブースターロケットの残骸が2022年8月初めに地球落下か

中国大型ブースターロケットの残骸が2022年8月初めに地球落下か

中国大型ブースターロケットの残骸が地球落下か!

 

ウェンティアン実験モジュールを搭載した23トンの長征5Bロケットは、現地時間7月24日(日)午後2時22分に海南島を離陸し、中国の軌道前哨基地とのドッキングに成功しました。

 

そのミッションは完了し、ロケットは地球の大気に向かって制御不能な降下に入り、どこに着陸するかは明らかではありません。

制御不能な降下は、同国がロケット段階からのスペースデブリを適切に処理していないと非難されています。

 

「それは20トンの金属の物体です。大気圏に入ると崩壊するが、多数の破片(中にはかなり大きなものもある)が地表に到達するだろう」と、ブリティッシュコロンビア大学の教授であり、スペースデブリによる死傷者のリスクに関する最近の研究の著者であるマイケル・バイヤーズは述べた。

スペースデブリは人間にとって極めて最小限のリスクしかもたらさないが、より大きな部品が居住地域に着陸した場合、より大きな部分が損傷を引き起こす可能性があるとバイヤーズは説明した。

Nature Astronomy 誌に掲載された研究によると、宇宙ゴミの増加により、これらの小さな可能性は、特にグローバル・サウスで、ロケット本体がジャカルタ、ダッカ、ラゴスの緯度に着陸する可能性がニューヨークのそれよりも約3倍高いという。

 

欧州宇宙機関(ESA)のスペースデブリ事務所(Space Debris Office)のホルガー・クラッグ局長は、国際的なベストプラクティスは、死傷者のリスクが高すぎるときはいつでも、海の遠隔地を標的に制御された再突入を行うことだと述べた。

 

彼は、ロケットの再突入ゾーンは地理的に赤道の南緯41度と北41度の間に限定されていると付け加えた。

 

報道官によると、米国宇宙軍は、中国のロケットが地球に落下するのを追跡すると述べた。

 

さまざまな大気条件に基づいて、地球の大気へのロケットステージの正確な場所は「再突入から数時間以内に特定できない」と広報担当者は述べたが、8月1日頃に地球の大気圏に再突入すると推定されている。

 

再突入を追跡する米軍の一部である第18宇宙防衛飛行隊も、その場所に関する最新情報を毎日提供する。

 

ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの天文学者ジョナサン・マクダウェルは、2.2トン以上のスペースデブリは、通常、地球の最初の軌道上の特定の場所に降ろされると述べた。

「要点は、大きなものは、通常、アクティブな制御システムなしでは軌道に乗せられないということです」と彼は言いました。

「アクティブな制御システムも、地球に帰還するための再起動可能なエンジンもない…軌道上で転がり、大気との摩擦のために最終的に燃え尽きるだけです」とマクダウェルは語った。

 

中国は昨年、同様のロケットで別のモジュールを打ち上げた後、スペースデブリの取り扱いについて激しく批判された。

その残骸は、打ち上げの10日後にモルディブ近くのインド洋に突入した。

NASAは、中国は「責任ある基準を満たしていない」と述べた。

「宇宙飛行国は、宇宙物体の再突入による地球上の人々や財産へのリスクを最小限に抑え、それらの運用に関する透明性を最大化しなければならない」とNASA長官のビル・ネルソンは当時述べた。

中国は批判に反応して、ロケットの再突入に対する「恐怖を誇大宣伝している」と米国を非難し、米国の科学者とNASAを「良心に反して行動」し、「反知性的」であると非難した。

 

実験モジュール「問天」を搭載した重さ23トンの長征5号Bは24日午後2時22分、中国の海南島から打ち上げられた。その後、モジュールは中国の宇宙ステーションとのドッキングに成功した。

ミッション完遂後、長征5号Bは無制御状態で地球へ落下し始めた。落下する地点は不明。中国が自国のロケットステージから発生した宇宙ごみを適切に処理していないと批判されるのは3度目となる。

カナダ・ブリティッシュコロンビア大学のマイケル・バイヤーズ教授は「これは重さ20トンの金属の物体だ。大気圏突入時に分解するが、かなり大きな破片を含め、多数の破片が地表に到達するだろう」と指摘した。

中国大型ブースターロケットの残骸が地球落下詳細動画。

 


Debris From Chinese Booster Rocket Could Fall To Earth
Early Next Week | China Long March 5B Rocket

中国のブースターロケットからの破片が来週初めに地球に落下する可能性がある| 中国長征5号ロケット。

 


WARNING! Don’t look up: China’s 21-ton rocket could crash on Earth

警告! 見上げないでください:中国の21トンロケットが地球に衝突する可能性があります。

 

 

まとめ。

今回は「中国大型ブースターロケットの残骸が2022年8月初めに地球落下か!」というテーマでお送りしました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中国三峡ダム

2021年5月7日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

三峡大坝の現状・最新情報、決壊の危機は中国貴州省銅仁市で豪雨が発生し、急流の下で河川水が急増。中国の重慶各地で大雨から集中豪雨、強風、雹などが発生。[広州塔に雷が当たってすぐに日光が当たる]、広州での …

no image

2020年9月1日夜半の台風9号「MAYSAK」韓国の状況!

現在9号台風「メイサーク」は、沖縄の西の約200km付近の海上で時速13kmの低速北上しています。明日は全国が徐々に北上する台風の影響を受けて雨が降って風も次第に強くなるでしょう。台風の影響半径があま …

胃薬で乳幼児20人が「狼男症候群」を発症

胃薬で乳幼児20人が「狼男症候群」を発症の動画!

病気を改善するための薬が新たに別の病気を発症スペインで発生。医薬品製造会社が胃酸を抑える薬に脱毛治療薬を入れて市場に流通させてしまった。子供たちが「狼男症候群(多毛症)」発症。#20 infants …

「サイコ」リスは48時間の暴れで18人の負傷者が出ました。

野生のリスが凶暴化「サイコ」リスは暴れまわり負傷者続出!

「サイコ」リスは48時間の暴れで18人の負傷者が出ました。問題のリスはハイイロリス(grey squirrel)で、今年の夏英ウェールズ北部フリントシャー州バックリーに住むコリンヌ・レイノルズさん(C …

三峡ダム

2020年9月14日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

新たに、三峡ダムに異変が発見されました。中国「三峡ダム」で防護石が陥没発生中との研究が発表されています。中国には10万基近いダムが建設されている。世界でもっとも多くのダムを保有しているわけで、「世界最 …