最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

新型コロナの最前線で働いたイギリスの看護師が足を切断!

投稿日:

イギリスのグレーターマンチェスターのサルフォードロイヤル病院の26歳の看護師であるブエナベンチュラは、新型コロナウイルス患者のケアのために痛みを我慢して最前線で働き、切断することを余儀なくされてしまいました。#Buenaventura

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

新型コロナの最前線で働いた看護師が足を切断!

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

何週間もの間、最前線の看護師であるブエナベンチュラ(Sette Buenaventura)は、コロナウイルス患者のケアに集中するために、彼女自身のの脚の痛みを我慢して働きました。

 

その結果、医師たちは最終的に腫瘍を発見し、今では彼女の足は切断されています。

 

グレーターマンチェスターのサルフォードロイヤル病院の26歳の看護師であるブエナベンチュラは、ウイルスの最前線で働いている間、2か月間、右のふくらはぎのけいれんを無視して働き続けました。

やがて、ブエナベンチュラは、痛みのために歩行が困難になりました。

ブエナベンチュラは病院で痛みを放置したまま長時間費やしたことによる副作用の1つだと考えられます。

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

「私たちは毎時間、私たちを必要とする人たちを助けるために病院にいました。それが病院での仕事であり、他の人を助けるために忙しいので、自分の痛みを忘れます。」

 

とブエナベンチュラは語ります。

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

ジョンズホプキンス大学によると、イギリス(英国)はウイルスの世界的なホットスポットの1つであり、310,000以上の確定症例と46,000以上の死者がいます。

 

 

彼女が痛みを無視できなくなったとき、ブエナベンチュラは4月に彼女の足をスキャンしてもらい、肉腫を明らかにしました。

stayhomeの呼びかけ

stayhomeの呼びかけ

彼女は癌性腫瘍が「ゴルフボールのサイズ」に膨潤したと言われました。

 

5月、医師は彼女の生存の唯一のチャンスは切断であると述べました

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

 

「医師が足を切断しなければならないと私に言ったとき、私は非常に動揺しました、しかし私はそれについて考える時間がないので、私は、受け入れました」と彼女は言った。

 

「私は自分の面倒をみて、健康になるために最善を尽くします。しかし私はヘルスケアで働いており、これが自分に起こるとは思っていませんでした。」

 

 

手術以来、ブエナベンチュラには義足が装着されています。彼女は11月に仕事に戻りたいと思っています。

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

 

ブエナベンチュラは人々に彼女の過ちから学び、彼らの痛みを真剣に受け止めるよう促しました。

Covid-19と戦うために痛みを無視した看護師は足を失う。


Nurse who ignored pain to fight Covid-19 Loses Leg

 

コロナウイルスの最前線で作業を続けるために持続的な痛みをすくめた看護師は、腫瘍を発見した後に彼女の脚を切断されました。

セッテブエナベンチュラさん(26歳)は、サルフォードロイヤルホスピタルで働きながら、8週間、右ふくらはぎのけいれんを無視しました。

4月のスキャンで肉腫が明らかになり、彼女の脚が膝の上から除去されました。

 

第一線で作業するために、8週間痙攣を無視した後、看護師は脚を失います!


Nurse Loses Leg After Ignoring Cramp For Eight Weeks To Work On Front-line!

 

看護師として働くことは、「あなたが他の人を助けることに忙しいので、あなたは自分の痛みを忘れます…しかし、すべてが犠牲になります」と言いました。

 

エクルズ出身のブエナベンチュラさんは、足の痛みのために歩くのに苦労していましたが、彼女は一日中足でいることの副作用を経験していると思いました。

「Covid-19が始まったとき、私たちは一生懸命作業しましたが、痛みを心配する時間はありませんでした」と彼女は言った。

「私たちは私たちを必要とする人を助けるために毎時間そこにいました[そして]私はそのレベルのコミットメントについて本当の趣味を得ました。

「それが病院での仕事のようなものです。あなたが自分の苦痛を忘れるのは、私がしたい他の人々を助けることに忙しいからですが、すべてが犠牲になります。」

彼女は癌性腫瘍が「ゴルフボールのサイズ」に腫大したと言い、5月に生存の唯一のチャンスは切断術であると彼女は言われた。

 

「長引く痛みを抱える人にとっては、それをチェックアウトすることが本当に重要だと思う」と彼女は言った。

 

「これをもっと早く見つけていたら、おそらく今のような結果にはならなかっただろう」

 

まとめ

今回は「新型コロナの最前線で働いたイギリスの看護師が足を切断!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

行きかう人

「バイバイ、ヴァンプ!」は同性愛者を差別しているか激論!

ヴァンパイア(吸血鬼)にかまれると同性を好きになるという設定の映画「バイバイ、ヴァンプ!」をめぐり、インターネット上で「同性愛者に対する差別だ」などと問題視する声が上がっている。公開後、作品を鑑賞した …

高画質スマホと時計

【驚愕!】SNSストーカーの手口は自撮り瞳の景色、ピース指紋

SNS上にあげられた投稿画像で「SNSストーカー」の罠にはまってしまう例が出てきています。カメラ、スマホ画像の高画質化で投稿写真から住まいがわかってしまったりして、被害にあったりする事件が発生していま …

ビジネスパーソン

救済策に不公平感 フリーランス悲鳴、今後も急増するフリーランス

フリーランスの悲鳴が話題になっています。新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響や政府への要望について、フリーランス協会が3月3日にSNSで緊急コメント募集を行うと150件以上の悲鳴が寄せられました。コメ …

高齢者講習に加え違反高齢者にはさらに運転試験導入の動き

警察庁の有識者会議が、高齢者の事故の多発をうけて新たに「違反高齢者」に運転試験を義務付ける方針を発表しました。 目次1 高齢者講習に加え過去に違反歴がある高齢ドライバーに違反高齢者に運転試験導入2 高 …

海岸に打ち寄せられたごみ

レジ袋有料化でナッジ手法を利用した試みの効果は?

2020年7月よりレジ袋が強制的に有料化になります。その関連で、国は「ナッジ手法」を使いコンビニなどの店舗での「レジ袋」削減の実験を行います。その効果が実証できれば 「レジ袋有料化」実施のときに、有料 …