最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

新型コロナの最前線で働いたイギリスの看護師が足を切断!

投稿日:

イギリスのグレーターマンチェスターのサルフォードロイヤル病院の26歳の看護師であるブエナベンチュラは、新型コロナウイルス患者のケアのために痛みを我慢して最前線で働き、切断することを余儀なくされてしまいました。#Buenaventura

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

新型コロナの最前線で働いた看護師が足を切断!

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

何週間もの間、最前線の看護師であるブエナベンチュラ(Sette Buenaventura)は、コロナウイルス患者のケアに集中するために、彼女自身のの脚の痛みを我慢して働きました。

 

その結果、医師たちは最終的に腫瘍を発見し、今では彼女の足は切断されています。

 

グレーターマンチェスターのサルフォードロイヤル病院の26歳の看護師であるブエナベンチュラは、ウイルスの最前線で働いている間、2か月間、右のふくらはぎのけいれんを無視して働き続けました。

やがて、ブエナベンチュラは、痛みのために歩行が困難になりました。

ブエナベンチュラは病院で痛みを放置したまま長時間費やしたことによる副作用の1つだと考えられます。

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

「私たちは毎時間、私たちを必要とする人たちを助けるために病院にいました。それが病院での仕事であり、他の人を助けるために忙しいので、自分の痛みを忘れます。」

 

とブエナベンチュラは語ります。

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

ジョンズホプキンス大学によると、イギリス(英国)はウイルスの世界的なホットスポットの1つであり、310,000以上の確定症例と46,000以上の死者がいます。

 

 

彼女が痛みを無視できなくなったとき、ブエナベンチュラは4月に彼女の足をスキャンしてもらい、肉腫を明らかにしました。

stayhomeの呼びかけ

stayhomeの呼びかけ

彼女は癌性腫瘍が「ゴルフボールのサイズ」に膨潤したと言われました。

 

5月、医師は彼女の生存の唯一のチャンスは切断であると述べました

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

 

「医師が足を切断しなければならないと私に言ったとき、私は非常に動揺しました、しかし私はそれについて考える時間がないので、私は、受け入れました」と彼女は言った。

 

「私は自分の面倒をみて、健康になるために最善を尽くします。しかし私はヘルスケアで働いており、これが自分に起こるとは思っていませんでした。」

 

 

手術以来、ブエナベンチュラには義足が装着されています。彼女は11月に仕事に戻りたいと思っています。

ブエナベンチュラ

ブエナベンチュラ

 

ブエナベンチュラは人々に彼女の過ちから学び、彼らの痛みを真剣に受け止めるよう促しました。

Covid-19と戦うために痛みを無視した看護師は足を失う。


Nurse who ignored pain to fight Covid-19 Loses Leg

 

コロナウイルスの最前線で作業を続けるために持続的な痛みをすくめた看護師は、腫瘍を発見した後に彼女の脚を切断されました。

セッテブエナベンチュラさん(26歳)は、サルフォードロイヤルホスピタルで働きながら、8週間、右ふくらはぎのけいれんを無視しました。

4月のスキャンで肉腫が明らかになり、彼女の脚が膝の上から除去されました。

 

第一線で作業するために、8週間痙攣を無視した後、看護師は脚を失います!


Nurse Loses Leg After Ignoring Cramp For Eight Weeks To Work On Front-line!

 

看護師として働くことは、「あなたが他の人を助けることに忙しいので、あなたは自分の痛みを忘れます…しかし、すべてが犠牲になります」と言いました。

 

エクルズ出身のブエナベンチュラさんは、足の痛みのために歩くのに苦労していましたが、彼女は一日中足でいることの副作用を経験していると思いました。

「Covid-19が始まったとき、私たちは一生懸命作業しましたが、痛みを心配する時間はありませんでした」と彼女は言った。

「私たちは私たちを必要とする人を助けるために毎時間そこにいました[そして]私はそのレベルのコミットメントについて本当の趣味を得ました。

「それが病院での仕事のようなものです。あなたが自分の苦痛を忘れるのは、私がしたい他の人々を助けることに忙しいからですが、すべてが犠牲になります。」

彼女は癌性腫瘍が「ゴルフボールのサイズ」に腫大したと言い、5月に生存の唯一のチャンスは切断術であると彼女は言われた。

 

「長引く痛みを抱える人にとっては、それをチェックアウトすることが本当に重要だと思う」と彼女は言った。

 

「これをもっと早く見つけていたら、おそらく今のような結果にはならなかっただろう」

 

まとめ

今回は「新型コロナの最前線で働いたイギリスの看護師が足を切断!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Mycetoma

マイセトーマ(菌腫)という人食い感染症!

切り傷から始まる「沈黙の死」 スーダンの人食い感染症。「マイセトーマ(菌腫)」いう、細菌や真菌による「人食い」感染症をもたらす。#Mycetoma Mycetoma 目次1 スーダンの感染例2 「マイ …

便器を掃除する女性

中国中国・山東省にある肥料会社「便器の水を飲む」女性の動画!

中国中国・山東省にある肥料会社で自ら「便器の水を飲む」女性の動画です。中国中国・山東省にある肥料会社「便器の水を飲む」女性と、それに拍手を送る上司たちの場面。動機はトイレ掃除の「完璧さ」を示すためです …

英外務省ネズミ駆除任務「ラリー」

英首相官邸の「ネズミ捕獲長」 猫のラリーが就任10年祝賀!

イギリス首相官邸のチーフマウサーのラリーキャット!英首相官邸で「ネズミ捕獲長」を務める猫のラリーが2021年2月15日で就任10年を迎えた。現地メディアで報道され、同国は祝福ムードに包まれている。ラリ …

2500年前の木棺

2500年前の木棺14基発見、エジプトのサッカラ遺跡の動画!

2500年前の木棺14基発見、エジプトのサッカラ遺跡の動画紹介。# 14 wooden coffins buried 2500 years ago 2500年前の木棺 目次1 2500年前の木棺14基 …

PCR検査、ドライブスルー

PCR検査自動化で熟練検査作業が不要に!検査件数増加見込み。

富士フイルムホールディングスはPCR検査の自動化対応検査試薬を開発したと発表。PCR検査を自動化することで熟練検査作業が不要になりPCR検査件数増が可能に。検査時間は、従来の4~6時間から約75分に短 …