最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

メキシコの空港予定地でマンモスの骨を大量に発見画像と動画!

投稿日:

メキシコの空港予定地でマンモスの骨を大量に発見画像と動画を紹介。メキシコの考古学者は、空港の建設現場の下に埋もれていた膨大な数のマンモスの骨格を発見した。#Hundreds of ancient mammoth skeletons

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

空港予定地でマンモスの骨を大量に発見画像と動画!

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

 

メキシコの空港予定地でマンモスの骨を大量に発見。メキシコの考古学者は、空港の建設現場の下に埋もれていた膨大な数のマンモスの骨格を発見した。

 

少なくとも200体の骨格が発掘されており、さらに多くが発掘される見込み。

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

 

古生物学者は、これらのマンモスを研究することで、この種が1万年から1万3000年前に絶滅した理由についての新たな洞察が得られる可能性があると考えている。

 

メキシコシティの北にある空港建設現場で200体のマンモスの骨格が発見された。これまでに発見されたマンモスの骨の最大のコレクションになりそうです。

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

 

メキシコ国立人類学歴史研究所(NASH)の考古学者たちは、11月に空港用地の発掘調査で、人間が作ったマンモス用のトラップを発見し、この地域にマンモスの遺骨が隠されている可能性があることに気が付いた。

 

トゥルテペックの町のごみ処理場として使用するための区画で見つかったトラップには、少なくとも14頭のコロンビアマンモスの骨が残されていた。

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

 

国際空港の建設現場は、そのトラップからわずか20kmほどのところにある。ここではまず、5月に発掘調査チームが干上がった湖の底に少なくとも60体のマンモスの骨格があることを発見した。

 

結局、発見されたマンモスの骨格の総数は200体に達し、さらに多くの骨が地下で待機している。

 

コロンビアマンモスは約100万年前に北米にやってきた。彼らは体高が4メートル以上にもなり、寿命は70年から80年だった。ヨーロッパの毛むくじゃらのマンモスとは異なり、このマンモスには毛があまり生えていなかったようだ。

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

 

その生息範囲はカナダからニカラグアとホンジュラスまで広がっていたと見られる。

 

コロンビアマンモス1万3000年から1万年前の間に絶滅した。多くの古生物学者は先史時代の人類による狩りが絶滅に大きな役割を果たしたと考えている。

 

それが今回の調査を研究者が重要視する理由のひとつだ。トゥルテペックで発見された落とし穴で人間がマンモスを殺したのは明らかだが、200頭以上のマンモスを湖に追い込んだかどうかは明らかになっていない。

 

研究者たちは、マンモスたちが湖岸の泥の中で立ち往生した後に飢え死にしたか、溺死したのではないかと考えている。

 

湖畔の草や葦が餌としてマンモスを引き寄せていただろうから、それは自然に起こったことなのかもしれない。

 

しかし、あまりに膨大な数の骨格は、人間が湖岸の泥の粘着性を巧みに利用した可能性もある、とサンチェス・ナバは言う。

 

「マンモスを泥の中に追い込んだ可能性もある」と彼は5月にAP通信に語っている。

 

それが本当ならば、人間はこれまでに考えられてきたよりも多くのマンモスを殺すことができたことになる。

 

それはまた、研究者が考えてきたことと違って、古代の人々が主食としてマンモスの肉を食べていたことの証拠になる可能性もある。

 

ただし、空港の発掘現場の骨はまだ人間が動物を屠殺したことの証拠を示していない。

 

しかし、もし人間がここのマンモスの死に関与していたとすれば、アメリカ大陸でのコロンビアマンモス絶滅の原因が人間であるという説を裏付けることになる。

 

もう一つの有力な説は、氷河期の終焉に伴って温暖化が進み、生息地が失われたために絶滅したというものだ。

 

空港予定地でマンモスの骨を大量に発見画像と動画!

メキシコシティの空港建設現場で発見された200以上のマンモスの骨格。


More than 200 mammoth skeletons discovered at Mexico City airport construction site

 

メキシコシティの空港建設現場で発見されたマンモスの骨| AFP


Mammoth bones discovered at Mexico City airport construction site | AFP

 

マンモスの骨格はメキシコシティのすぐ北にある空港建設現場で発見されました。

2019年の同様の発見の現場からそれほど遠くないところにあり、専門家は他の先史時代の動物の遺体も発見のエリアで回収されたと言います。

 

まとめ

今回は「メキシコの空港予定地でマンモスの骨を大量に発見画像と動画!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三峡ダム

2021年8月11日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

三峡ダム最新情報。 最新の水位は146m。8月7日から8日にかけて、四川省の各地が豪雨に見舞われました。うち、達州市の渠県と大竹県の複数の村は壊滅的な被害を受けています。河南省滑県の順北万福農民卸売市 …

三峡ダム

2020年10月29日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

四川省イービン市平山の道路をトラックが通り過ぎ、急に倒れて大きな穴が発見されました!シーンはスリル満点です!今年、台風10号「モラフィ」の風速は時速125キロに達しました。25号でフィリピンのルゾン島 …

三峡ダム

2021年1月26日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

中国三峡ダム最新情報 中国豪雪 大雪 情報。中国広西市,雲南の地滑りで多くの人が亡くなり、四川の飢餓で亡くなった人もいました。杭州病院での自作爆発事故。雲南趙通市ルディアン郡文平町の大きな山で採掘が行 …

火災発生で窓際に取り残された猫、決死のジャンプ。

火災発生で窓際に取り残された猫、決死のジャンプで脱出の動画!

米国で、火災発生で窓際に取り残された猫、決死のジャンプで脱出。ニューヨークで発生したアパート火災で1匹の猫が逃げ遅れ、窓際に取り残された。炎が後ろまで迫り人々が大きな声でジャンプを促すと、猫は決死のジ …

台風9号進路

2020年9月1日台風9号「MAYSAK]韓国の状況!

観測史上最悪の台風の一つである2003年の「セミ」より強力な威力を持ち、懸念が高まっています。台風メイサーク「MAYSAK]は2日夜、「非常に強い」台風に済州島付近を過ぎたあと、「強い」台風で海岸に上 …