最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

超自然現象

未だに海をさまよう幽霊船10選

投稿日:

未だに海をさまよう幽霊船10選。1年以上乗員なしで大西洋をさまよっていた「幽霊船」MVアルタ号が、暴風雨「デニス(Dennis)」による高波で、アイルランド南部の海岸に漂着した。ドイツ人冒険家マンフレッド・フリッツ・バヨラトがミイラ化遺体で発見される! 幽霊ヨットに残された謎のメッセージ。乗組員が謎の失踪を遂げたメアリー・セレスト号。

 

 

「幽霊船」MVアルタ号

「幽霊船」MVアルタ号

未だに海をさまよう幽霊船10選

 

 


未だに海をさまよう幽霊船10選

 


トップ10の不気味な幽霊船

 

 

 

1年超大西洋さまよった「幽霊船」MVアルタ号

1年超大西洋さまよった「幽霊船」、暴風雨でアイルランドに漂着。

1年以上乗員なしで大西洋をさまよっていた「幽霊船」が、暴風雨「デニス(Dennis)」による高波で、アイルランド南部の海岸に漂着した。

「幽霊船」MVアルタ号

「幽霊船」MVアルタ号

 

1年以上乗員なしで大西洋をさまよっていた「幽霊船」が、暴風雨「デニス(Dennis)」による高波で、アイルランド南部の海岸に漂着した。

44年前に建造された全長77メートルの貨物船アルタ(MV Alta)は、アイルランド第2の都市コーク(Cork)近郊の村バリーコットン(Ballycotton)近くの岩場で座礁した。

 

タンザニア船籍のアルタは2018年9月、ギリシャからハイチに向かう途中、大西洋の真ん中で航行不能となった。

アルタは英領バミューダ(Bermuda)の南東2220キロの海上で漂流。乗組員10人は船内で20日間過ごした後、米沿岸警備隊の巡視船に救助された。

 

米沿岸警備隊は当時、アルタの所有者と協力して同船を岸までえい航する準備を進めていると述べていたが、その後の動きはよく分かっていない。

 

海事ニュースサイトのフリートマン(Fleetmon)は、オーナーとみられる人物から、アルタがえい航中にガイアナで2度、シージャックされたとの連絡を受けたと伝えている。

その後2019年8月、英国海軍(Royal Navy)の砕氷型巡視船プロテクター(HMS Protector)により大西洋の真ん中で漂流しているアルタが発見された。

アルタは先週末、デニスの襲来で暴風雨に見舞われたアイルランドに漂着し、長い放浪の旅を終えた。

アイルランドの沿岸警備隊によると、救急ヘリが16日に漂着現場に向かったが、乗組員はいなかったという。

2018年10月、「幽霊船」MVアルタ号はギリシャからハイチへの航海中だった。

このような長い旅は、通常、海岸線の近くにとどまるこのタイプの船とサイズの船では珍しいことです。

「幽霊船」MVアルタ号のエンジンは大西洋で故障し、乗組員は立ち往生した。

米国沿岸警備隊はバミューダの南東約2,200 km (1,400 mi)で乗組員を救助し、船は放棄された。

「幽霊船」MVアルタ号が放棄された後、船の次の動きは不確実です。

未確認の報告によると、「幽霊船」MVアルタ号はガイアナに曳航され、おそらくハイジャックされたが、2度目に見捨てられた。

何が起こったかにかかわらず、幽霊船は2019年8月か9月にバミューダ近郊でHMSプロテクターによって次に目撃された。

この目撃の後、彼女は最終的にアイルランドに到着するまで、非常に低速で漂流し続けた可能性が高い。

しかし、「幽霊船」MVアルタ号の遺棄後、AISは機能しておらず、彼女の進路は不確実でした。


ーMV Alta – After the Storms (March 2022)

MV Alta、最近の荒れた海によって引き裂かれた港側の貨物倉の壁の残骸で崩壊が続きます。ホイールハウスの残骸は、やがて海に面した側に崩れ落ちると思います。

 

ドイツ人冒険家がミイラ化遺体で発見。

ドイツ人冒険家マンフレッド・フリッツ・バヨラトがミイラ化遺体で発見される! 幽霊ヨットに残された謎のメッセージ。

フィリピン・南スリガオ州の港町バロボの漁師2人が、沖合約64kmの海域をさまよう不思議なヨットを発見した。

全長12mの白い船体はひどく傷み、沈みかけ、マスト(帆)も完全にボロボロだったが、異変を感じ取った漁師たちはすぐに近づきキャビン(船室)を覗き込んだ。

すると、なんとそこに座したままミイラ化した男の死体があったのだ。

通報を受けて、地元警察はすぐにヨットを港まで曳航。

遺体の身元やヨット内部の捜査を開始した。そして明らかになったのは、このミイラ化した男がドイツ人海洋冒険家のマンフレッド・フリッツ・バヨラトさん(59)だということだった。

 

過去20年間、マンフレッドさんは「SAYO号」と名づけたこのヨットに乗り込み、世界の海を股にかけて冒険してきたという。

近年は、旅の模様をフェイスブックを通して知人たちに発信していたが、約1年前にパタリと更新が止まり、その後は誰もマンフレッドさんと連絡を取れない状態が続いていた。

しかし今回、彼が航海中に命を落としていたという事実が判明した。

 

 

2016/03/09 何年もの間海上にいた幽霊ヨットに乗ってミイラ化した遺体が病的に発見された。

男性は叫び声を上げ、助けを求めて叫んだ。

クリッパーレースヨットLMAX Exchangeに乗船したセーリングチームは、ヨットの近くの道に漂流しているSayoという名前の疑わしい放棄されたヨットを検査するために、1月31日に世界一周競技を保留にしました。

メアリー・セレスト号事件。

乗組員が謎の失踪を遂げたメアリー・セレスト号。

実在した幽霊船、メアリー・セレスト号。

1872年にポルトガル沖で発見された帆船、メアリー・セレスト号。発見時、船内には乗っていたはずの乗組員は誰1人いませんでした。

しかし、船内の状況は、ついさっきまで乗組員たちがそこにいたかのようだったという話もあります。

遺体も見つかっていません。

1982年11月5日、ブリガンディン形の帆船「メアリー・セレスト号」はニューヨーク港からイタリアジェノバ港へ出航しました。

メアリー・セレスト号の乗員は38歳のベンジャミン・ブリッグス船長と彼の妻・セーラ、2歳の娘・ソフィアの他、船員8名の11名でした。

積み荷としてニューヨークのメッシナ・アッカーマン&コイン社から出荷された工業用アルコール1700樽が載せられていました。

12月5日、航海中の英国船ディ・グラチア号のモアハウス船長が、ポルトガルのリスボンから西に700離れた太平洋沖に漂流していたメアリー・セレスト号を発見しました。

 

メアリー・セレスト号の船内は艤装や装備が正常にもかかわらず、全くの無人でした。

調査は進み、デボー一等航海士以下ディ・グラチア号の乗組員はいくつもの奇妙な状況を目の当たりにするのでした。

食べかけのゆで卵やベーコン、パンが乗った皿が並べられたテーブルや湯気を立てるコーヒー、ついさっきまでひげ剃りをしていた痕跡が残る洗面所。そして救命ボートを使用しようとした様子はありません。

積み荷類、食料、乗組員の私物を荒らした様子もなく、つい今しがたまで乗組員がそこで活動していたかのようでした。

乗組員11人全員が一度に神隠しにあったとしか思えません。

 

船長室にあった航海日誌の最後のページは12月4日付け、つまり、無人のメアリー・セレスト号が発見される1日前でした。

 

そこには「12月4日、我が妻マリーが…」とだけ走り書きされていました。

更に、ベッドの下から血の付いた刀剣が、船内の手すりに3つの血痕、壁からも謎のひっかき傷が発見されたのです。

 

この状況から海賊の来襲や殺人事件の可能性が考えられなくもありませんが、誰の遺体も見つからないのは不自然でなりません。

メアリー・セレストの乗組員と、同乗していたブリッグズら家族の消息は全くわかっておらず、彼らの運命を巡って多くの推測が出されている。

最大の謎は、航行が十分に可能な状態であるにも関わらず、なぜ船が放棄されたのかという点である。

最も有力で信憑性のある説は、アルコールの樽を原因とするものである。

ブリッグズはこれほど危険な船荷を運送したことがなく、不安を抱えていた。9つの樽から漏れがあれば、船倉内で靄が出るほどになる。歴史家コンラッド・バイヤー(Conrad Byer)の説によれば、ブリッグズが船倉を開くよう命じると、アルコールの匂いと靄が激しく吹き出したため彼は船が爆発すると考えたとしている。

ブリッグズ船長は全員に救命ボートに移るよう指示した。急ぐあまり、ブリッグズは丈夫な引き縄で船と救命ボートを適切に結びつけることができなかった。

風が強くなると、船は救命ボートから離れてしまった。

救命ボートに乗った者は溺れたか、または海上を漂流した結果、飢え、渇き、及び直射日光のために死んだかのいずれかだとされる。

まとめ。

今回は「未だに海をさまよう幽霊船10選」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-超自然現象

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フランク・リービーの手形

いまだ解明されない未確認現象6選!

いまだ解明されない未確認現象6選。ペルーの流星事件。消防士フランシス”フランク”リービー(Firefighter Francis Levy)の驚愕な物語。   目次1 …

公園の少女

お墓の監視カメラに映る女児に「2年前に他界した私の娘」の動画!

お墓の監視カメラに映る女児に「2年前に他界した私の娘」の動画。米ニューメキシコ州の墓地に設置された監視カメラに、小さな女の子の姿が映し出された。女の子が現れたのは真夜中で、映像を見た母親が今月8日に「 …

怪奇現象まとめ

超自然現象・心霊スポットの怪現象調査、不可解な衝撃的映像まとめ!

各地にある心霊スポットを訪れて怪現象の体験者から話を聞き、歴史をひもときながら真実を探る。調査はアイオワ州にある150年前に建てられたエディンバラ・マナー。常識では説明がつかない不可解な映像11選,カ …

no image

TikTokで映ってしまった信じがたい映像集19選!

TikTokで映ってしまった信じがたい映像集のご紹介。TikTokで映ってしまった信じがたい映像集を19選まとめです。不思議な出来事を紹介する超自然現象シリーズ。 目次1 TikTokで映ってしまった …

子供部屋に現れる謎の光、前住人が死去していた

前住人が死去していた家の子供部屋に現れる謎の光(米国)!

子供部屋を飛び回る謎の白い光を目にした母親の話題。米テネシー州に暮らす2児の母親であるリンジー・ノヴォセルさん(Lindsey Novosel)が、Facebookに投稿した恐怖体験の動画が注目されて …