最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

米テキサス州公園の水遊び場で男児が「脳を食うアメーバ」に感染し死亡!

投稿日:

米テキサス州で公園の水遊び場で男児が「脳を食うアメーバ」に感染し死亡した。水深が浅く幼い子供たちが気軽に遊ぶことができる水遊び場を数回訪れていた男児(一部報道では女児とも)が今月中旬、「原発性アメーバ性髄膜脳炎(PAM)」で死亡した。

 

公園の水遊び場で男児が「脳を食うアメーバ」に感染し死亡(米)

公園の水遊び場で男児が「脳を食うアメーバ」に感染し死亡(米)

公園の水遊び場で男児が「脳を食うアメーバ」に感染し死亡。

 

公園を管理する市は水質検査をしっかり行っていなかったことを認めており、市民は怒りやショックを露わにしている。

米テキサス州タラント郡アーリントン市にある水遊び場(スプラッシュ・パッド)を今夏、数回訪れていた男児(名前・年齢は公表されず)が11日に死亡した。

スプリンクラーなどが設置された小さな遊び場は「ドン・ミザンヒマー・パーク(Don Misenhimer Park)」の一角にあり、暑い夏は子供たちに人気の場所だった。

男児がパークを訪れたのは8月末から9月初めのことで、今月5日に「原発性アメーバ性髄膜脳炎(PAM)」に感染していることが判明。同州フォートワースの「クック・チルドレンズ・メディカル・センター」に入院していたが、6日後に息を引き取った。

男児がPAMと診断された9月5日、アーリントン市内のスプラッシュ・パッドは全て閉鎖された。

ノーステキサス州の子供が、都市のスプラッシュパッドで珍しい脳を食べるアメーバに感染した後、今月初めに死亡したと、当局が月曜日に発表した。

 

タラント郡公衆衛生とアーリントン市の共同ニュースリリースによると、子供は9月5日に原発性アメーバ性髄膜脳炎(ナエグレリア・ファウレリと呼ばれるアメーバによって引き起こされる稀でしばしば致命的な感染症)で入院した。

子供は9月11日に亡くなりました。ニュースリリースによると、子供の身元を保護するために、彼らに関する他の詳細は公表されなかった。

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、ナエグレリア・ファウレリは土壌や湖、川、温泉などの淡水に一般的に見られる。

また、メンテナンス不良または不塩素化プールでも見つけることができます。

CDCによると、アメーバを含む水が鼻から体内に入ると、生物は人々に感染する。ナエグレリア・ファウレリ・アメーバは鼻を脳に移動し、そこで脳組織を破壊するとCDCは言う。

 

ニュースリリースによると、市と郡の職員は、子供の状態の9月5日に病院から通知されました。

郡保健局は調査を開始し、アメーバへの暴露の2つの可能な情報源を決定しました。

 

市はすぐにそのスプラッシュパッドを閉鎖し、ニュースリリースは、十分な注意のうち、今年の残りの部分のための他の3つの公共スプラッシュパッドを閉鎖したと言います。

 

9月24日、CDCはニュースリリースによると、テストが公園からの水サンプルにアクティブなナエグレリア・ファウレリ・アメーバの存在を確認した後、子供がスプラッシュパッドで生物にさらされた可能性が高いと判断した。

 

 

市の飲料水は汚染されなかったと言う。スプラッシュパッドには、施設の水システムを分離するように設計された逆流防止装置が装備されていると述べています。

 

低塩素レベルが要因である可能性が高い。

アーリントン市は、スプラッシュパッドのメンテナンス、機器、水の試験手順に関する調査を行いました。ニュースリリースによると、市当局は水質検査データの改善が必要であると判断し、時には従業員が毎日スプラッシュパッドを開く前にテストを行わなかった。

 

「我々は、我々の毎日の検査プログラムのギャップを特定しました」と、副市長レムエル・ランドルフはニュースリリースで言いました。

「これらのギャップにより、スプラッシュパッドのメンテナンス基準を満たしませんでした。すべてのスプラッシュパッドは、システムが必要に従って動作していることを保証するまで閉鎖されたままであり、市、郡、州の基準に従ったメンテナンスプロトコルを確認しました。

ニュースリリースによると、ドン・ミゼンヒマー・パークのスプラッシュパッドを含む2つのスプラッシュパッドの記録によると、従業員は一貫して記録していないか、場合によっては施設が毎日開く前に必要な水質テストを行わなかったことが示されました。

試験には、消毒剤として使用される塩素のチェックが含まれます。

ログのレビューは、水塩素化の測定値は、子供が8月下旬と9月上旬に公園を訪問した3日間のうちの2つを文書化されていないと判断したと、ニュースリリースが言いました。

「文書は、子供の最後の訪問の2日前に塩素化レベルが許容範囲内にあったことを示しています」と、リリースを読みます。

「しかし、子供が訪れた翌日に発生した次の文書化された読み取り値は、塩素濃度が最小要件を下回り、追加の塩素が水系に追加されたことを示しています。

CDCによると、原発性アメーバ性髄膜脳炎の初期症状が現れるには、感染後約5日かかる。初期症状としては、頭痛、発熱、吐き気、嘔吐などがあります。

CDCによると、この病気は急速に進行し、通常は症状が始まる1日から18日後に死亡する。

ナエグレリア・ファウレリ感染はまれだ、とCDCは言う。

CDCによると、2010年から2019年にかけて、米国では34件の感染が報告された。そのうち、30人がレクリエーション水に感染し、汚染された水道水を使って鼻灌漑を行った後に3人が感染し、1人が裏庭のスリップ’Nスライドで使用された汚染された水道水に感染した。

 

フォーラーネグレリアは湖、川、池などの比較的温かい淡水でよく見られ、人の鼻から侵入すると脳に寄生して組織を食べる。

また水の塩素消毒が不十分なプールや、汚染された水道水にも生息する。

男児が「脳を食うアメーバ」に感染し死亡の動画。

 

スプラッシュパッドで見つかったアメーバを脳が食べるために子供が死亡する。


Child dies due to brain eating amoeba found at splash pad

 


Brain-Eating Amoeba In Water Causes Texas Boy’s Death | TODAY

 

まとめ。

今回は「米テキサス州公園の水遊び場で男児が「脳を食うアメーバ」に感染し死亡!」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三峡ダム

2021年1月5日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

中国の長江は放射能まみれか。中国政府は2021年1月1日長江の全面禁漁を10年間実施すると発表。最近は深刻な水質汚染で漁獲量が激変している最中の措置です。、ついに一帯一路も頓挫   三峡ダム …

長江洪水

2020年7月14日の中国、三峡ダムの長江下流武漢の状況。

  中国中部および東部で洪水が相次いで発生し、140人超が死亡または行方不明。主要河川や湖の水位は記録的な高さに達し、当局はさらなる事態の悪化について警鐘を鳴らしている。今後2日間の長江流域 …

三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

2022年6月22日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

中国南部で大雨が続きました。江西省で大雨と洪水が発生し、大雨の赤い警告が表示江西省の洪水、州の何百万人もの人々が洪水に浸り町や村は完全に水没。浙江省衢州市の洪水は急速で、家屋は洪水に見舞われた。江西省 …

中国の洪水の様子

2020年9月2日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

四川で再び大洪水が発生し、10以上の都市と郡が水没し、洪水、地滑り、山崩れが続いた。人々は再び緊急に移送され、家を失った。雲南省と四川省はすべて浸水し、土砂崩れと地滑りが同時に勃発します。中国の洪水、 …

ホオジロサメに遭遇

無害なサメと勘違いしホホジロザメの待つ海に飛び込んだ動画!

無害なサメと勘違いしホホジロザメの待つ海に飛び込んだ動画です。無害なサメと勘違いしホホジロザメの待つ海に飛び込んだ男性が命の危機に瀕しました。#donttrythisathome ホオジロサメに遭遇 …