最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

作家の勝目梓氏死去死因と経歴、最新作品を紹介

投稿日:

「寝台の方舟」で小説現代新人賞を受賞するなどの作家勝目梓氏が、3月3日、心筋梗塞のため自宅で死去しました。享年87歳でした。東京都出身の勝目梓氏は、炭鉱や自動車教習所で働くなど、さまざまな職業を経て作家に。「寝台の方舟」で小説現代新人賞を受賞。「獣たちの熱い眠り」はベストセラーになり、バイオレンス小説を数多く手掛けました。70代半ばで発表した自伝的小説「小説家」「老醜の記」も話題となりました。作家の勝目梓氏の最新作を紹介します。

勝目梓氏

勝目梓氏
Ÿ–Úˆ²@
’S“–Œ´“cE‰i•õ

作家の勝目梓氏死去死因と経歴

作家勝目梓氏が、3月3日、心筋梗塞のため自宅で死去しました。享年87歳でした。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は三女高瀬千尋(たかせ・ちひろ)でした。

 

作家勝目梓氏の経歴は、幼い頃両親が離婚し、母とともに東京都から九州に渡ります。

 

高校中退後、長崎で炭鉱夫として働き、労組の責任者となるが闘争に敗れて退職。

 

ほか養鶏業、自動車教習所教員など、さまざまな職を転々とし、三年間の結核療養中に作家をこころざす。

1962年、初めて書いた小説で文學界新人賞に応募、一次予選通過。

1964年、郷里に妻を残し、愛人とともに上京。運送会社のトラック運転手として働きながら、同人誌『文藝首都』に所属し、翌年、19歳で入会してきた中上健次を知り、中上の才能に打ちのめされる。

1966年、34歳で、『文藝首都』の推薦作「玩具の花」を『新潮』に発表。1967年、「マイ・カアニヴァル」(『文藝首都』)で上半期芥川賞候補、1968年、「遠景」を『文學界』に、1969年、「花を掲げて」を同誌に発表、直木賞候補となるが、芽が出なかった。

1969年、高瀬千図と出会い恋愛関係となる。高瀬は二女を産むが、勝目が流行作家となってようやく妻との離婚が成立、結婚。

しかし高瀬が作家デビューしてのち、協議離婚。

1970年、森敦と出会い、毎朝激励の電話を受けるなどして文学について教わった結果、娯楽小説に転じる決意をする。

1974年、42歳の時に「寝台の方舟」で小説現代新人賞を受賞、1975年から官能小説を中間小説誌に発表するようになる。

1977年、45歳で、初の単行本『マン・フラワー号のハント旅行』(グリーンアロー・ブックス)を刊行。
1978年、五冊目の単行本『獣たちの熱い眠り』がベストセラーになり、以後、主としてバイオレンス官能作家として、今日まで300冊近い著作を出している。

1981年、日本文芸大賞受賞した。

 作家の勝目梓氏の最新作品を紹介

【改題】生贄(2000年2月 講談社文庫)

薔薇の旋風(2000年2月 フタバノベルス / 2006年9月 双葉文庫)

悪虐(2001年8月 広済堂ブルーブックス / 2007年7月 徳間文庫)

鬼畜(2000年3月 講談社ノベルス / 2003年3月 講談社文庫)

【改題】視線の刃(2003年6月 双葉文庫)

ほほえむ悪夢(2003年4月 広済堂ブルーブックス)

【改題】淫夢はほほえむ(2008年2月 徳間文庫)

虫けらの死(2003年5月 トクマ・ノベルズ)

鎖の闇(2002年2月 講談社ノベルス / 2005年2月 講談社文庫)

棘(2004年2月 文藝春秋 / 2008年10月 文春文庫)
収録作品:雪の夜 / 露天風呂 / 人助け / 遺品 / 空き家 / 悪食 / 視線 / 夢の中

夢退治(2004年3月 光文社文庫)
収録作品:モザイク / 供養 / 健やかな夫婦 / アルバム / 二股 / 夢退治 / プラス・ワン / 恵みの雨 / ゲーム

天保枕絵秘聞(2004年4月 双葉文庫)

蜜の迷路(2004年6月 ジョイ・ノベルス)

秘戯(2004年9月 講談社文庫)
収録作品:プラス・1 / 霧の女 / かくし味 / ラヴホテル / 雨蛙の女 / 秘戯
処刑の家(2004年10月 ジョイ・ノベルス)
【改題】黒の弔い(2006年4月 徳間文庫)

恋情(2002年7月 文芸社 / 2006年2月 講談社文庫)

女豹たちの罠を破れ(2007年6月 ジョイ・ノベルス)

【改題】モザイク(2007年6月 祥伝社文庫)

淫らな死体(2008年2月 双葉文庫)

カレンダーにない日(2009年11月 文藝春秋)

 

収録作品:悲しき口笛 / 余命 / 初夜 / 痩せ我慢 / 十八年 / 遺影 / 叩かれる父
牙は折れず(2010年11月 徳間文庫)
収録作品:埋葬 / 骨 / 担保 / 侵入者 / 血の肖像 / 捨て身 / 片割れ心中

燭の炎は燃え尽きる寸前に強く赤く揺らぐ(2012年8月 双葉文庫)
収録作品:一人目-虐げられる男 / 二人目-のぞく男 / 三人目-仕置きする男 / 四人目-描かれる男 / 五人目-命令する男 / 六人目-交換する男

10分間の官能小説集1(2012年6月 講談社文庫)「トゥエンティー・ミニッツ」

短篇ベストコレクション 現代の小説 2013 日本文藝家協会 編(2013年6月 徳間文庫)
「家族会議」

叩かれる父(2010年5月 光文社 / 2012年10月 光文社文庫)
死支度(2010年10月 講談社 / 2013年7月 講談社文庫)収録作品:仙境 / 幻の脚 / アトリエ / 化身 / 葉桜 / 天の恵み / 六道の辻

秘事(2013年11月 光文社)

10分間の官能小説集2(2013年5月 講談社文庫)「始末書」

ある殺人者の回想(2013年3月 講談社 / 2016年3月 講談社文庫)

あしあと(2014年4月 文藝春秋 / 2016年10月 文春文庫)
収録作品:万年筆 / 記憶 / ひとつだけ / 人形の恋 / 秘儀 / 橋 / 一夜 / 影 / 封印 / あしあと

おかしなことに おとなの童話(2015年12月 講談社)
収録作品:ユメコさんとノボルちゃん / カワムラ青年 / 雪女 / おかしなことに / 人形の絵 / 湖

エロスの記憶(2015年2月 文春文庫)「橋」

戦後70年わたしの戦争体験(2015年)

異端者(2016年8月 文藝春秋)

水槽の中の女(2016年11月 中央公論新社)

まとめ

今回は、「作家の勝目梓氏死去死因と経歴、最新作品を紹介」というテーマでおおくりしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

なお関連記事高瀬ちひろ 氏と作家の勝目梓氏、高瀬千図さんの関係についてもご覧ください。

 

-社会

執筆者:


  1. […] なお関連記事「作家の勝目梓氏死去死因と経歴、最新作品を紹介」もご覧ください。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

柴咲コウさん、

柴咲コウ「事実誤認した記事の作成元に関しては法的措置も検討」の顛末

柴咲コウさんのSNS炎上の顛末について。柴咲コウさんが、種苗法改正案に関するツイートへの誹謗中傷に言及「意見を言うことは、誰にも平等に与えられた権利」その上で、「事実とは異なる投稿、提造、誹謗中傷、脅 …

東京オリンピック

五輪中止の可能性は?中止なら経済損失30兆円の深刻さ!テレビの海外ロケも自粛

舛添要一氏「五輪中止の判断も視野に入れる必要ある」と持論を述べたり世界保健機関(WHO)は14日(日本時間15日)、新型コロナウイルスによる肺炎の被害拡大を中止や延期は主催者が決定すべきことだと強調し …

米山隆一氏

米山隆一氏検察庁法改正案に抗議「#検察庁法改正案に抗議します」

前新潟県知事の米山隆一氏が、政府の独裁に抗議の声をあげました。検察庁法改正案に米山隆一氏も抗議東京高等検察庁の黒川弘務検事長の定年延長問題について検察庁法改正案に抗議した。 米山隆一氏 目次1 米山隆 …

地震による巨大津波

千葉に地震が 多いのは、南海トラフ地震の予兆なのか?

2019年11月ころから、今年にかけて千葉や茨城、栃木で小規模地震が多く発生してます。南海トラフ地震との関係が気になるところです。 地震による巨大津波   目次1 千葉に地震が 多いのは、周 …

郵便マーク

かんぽ生命の不適切な販売の内容をわかりやすくまとめると、見えてくる問題点

かんぽ生命の不適切な販売の問題点は何か?そして、組織ぐるみで行われて来たのではないかなどを特別調査委員会のレポートをもとに考えます。 郵便マーク   目次1 かんぽ生命の不適切な販売の内容で …