最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

米国で末期がんの男が、25年前の殺人事件を警察に自白の動画!

投稿日:

米アラバマ州モーガン郡にあるディケーター市警察署に今月18日、同州トリニティ在住のジョニー・ドワイト・ホワイテッド(Johnny Dwight Whited、53)と名乗る男が、末期がんで、25年前の殺人事件で「私がやった。後悔している」と警察に自白した。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

米国で末期がんの男が、25年前の殺人事件を警察に自白。

米アラバマ州モーガン郡にあるディケーター市警察署に今月18日、同州トリニティ在住のジョニー・ドワイト・ホワイテッド(Johnny Dwight Whited、53)と名乗る男から「25年前の事件について自白したい」と電話があったという。

 

アメリカで25年前に発生し迷宮入りとなるはずだった事件が、ジョニー・ドワイト・ホワイテッドからの1本の電話で一気に捜査が進んだ。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

 

男は自らの罪を、末期がんに冒されたことで後悔の念にかられ自白した。

 

25年まえの出来事で1995年4月26日、当時26歳のクリストファー・アルヴィン・デイリーさん(Christopher Alvin Dailey)が森林の中で2人の猟師によって変わり果てた姿で発見され、警察に通報が入った。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

 

クリストファーさんは頭部に銃で撃たれた痕があり、その日のうちにテネシー川でクリストファーさんが所有する自家用車が沈んでいるのが発見された。

 

その後も警察では捜査が続けられたが、犯人像を掴むことができず未解決事件として25年が経っていた。

 

しかしジョニーからの電話で、事件は一気に進展した。電話の対応をしたディケーター市警察署のショーン・ムカダム捜査官(Sean Mukaddam)は当時、ジョニーからの電話を「いたずら電話かと思った」と話している。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

 

だがジョニーの自白を聞いて彼の話が事実だと感じ、翌日にムカダム捜査官はジョニー同行のもと犯行現場を訪れた。3時間にも及ぶ現場検証から事件について少しずつ明らかになり、ジョニーは殺人罪で起訴された。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

 

警察は11月19日の声明でジョニーを逮捕したことを発表し、ムカダム捜査官はジョニーが末期がんを患っていることを明かしたうえで「彼は事件について『後悔しており、自分を恥じている』と話していました。彼は自分が犯したことを胸のうちから吐き出したかったようです」と語った。

しかしながらジョニーがクリストファーさんを殺害するに至った動機については、事件の全貌がはっきりするまで明らかにはできないということです。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

末期がんの男、25年前の殺人事件を告白。

 

またジョニーはクリストファーさんの遺体発見から3週間後、事件とは別に薬物を摂取するためのガラスパイプを所持していたことで警察に逮捕されていたことが分かった。

その後もジョニーは交通違反や薬物がらみで度々警察に逮捕されていたようです。

 

ジョニーは現在、保釈金1万5000ドル(約156万円)の設定でモーガン郡刑務所に勾留されており、次の法廷で有罪判決が下されるとみられている。

米国で末期がんの男が、25年前の殺人事件を警察に自白の動画!

 

末期病人が1995年の殺人アラバマ警察に告白するよう呼びかける。


Terminally Ill Man Calls to Confess to 1995 Murder Alabama Police Say

 

末期のアラバマ州の男性が1995年のコールドケース殺害を告白。


Terminally ill Alabama man confesses to 1995 cold case killing

警察によると、末期のアラバマ州の男性が警官に電話をかけ、捜査官を25年間困惑させたコールドケース殺人を自白した。ジョニー・ドワイト・ホワイトドさん(53)は水曜日にディケーター警察の刑事に、1995年に頭に1発の銃創で死亡したクリストファー・アルビン・デイリーを殺害した責任があると語った。警察は木曜日の声明で述べた。

「その後の数年間で、この事件はリードのために何度か再検討されました。しかし、ホワイトドが26歳のデイリーを殺すという意識を明らかに取り除くことを決定するまで、何も実現しませんでした。

彼は後に探偵と会い、コールドケースの証拠と一致する情報を提供しました。デイリーの親戚は逮捕の通知を受けた、と警察は言った。ホワイトドは電話中に2回転送された後、驚くべき入場をしたとニューヨークタイムズは報じた。「私は何年も前にした殺人を告白したい」とデット。ショーン・ムカダムはホワイトドが言ったことを思い出した。

「彼は日付や年を知りませんでした。私たちは彼が何について話しているのか理解しようと奮闘していました。

調査員はその後、1980年代にさかのぼるディケーターでのすべての殺害のチャートを使用し、1995年4月26日にホワイトドをデイリーの殺人に最終的に結び付けたと新聞は報じた。

報告書によると、ホワイトドは探偵と一緒に行き、ディケーターの森林地帯でデイリーズが見つかった殺害を再現した。「電話を手に取ってそのような電話をかけるような状況は一度もなかった」とムカダムは言った。 。 「容疑者が私を突然呼び、告白したいところは何もありません。

三位一体のホワイトドは「後悔していた」とムカダムはタイムズに語った。「彼は特定のことについて恥ずかしかった」と刑事は詳しく述べずに言った。 「彼はそれを胸から外したかった。

当局は、ホワイトドとデイリーはお互いを知らず、動機について話し合うことを拒否したと述べたが、ムカダムはホワイトドが「末期症状」であると述べたと新聞は報じた。

Whitedの弁護士であるGriffBelserはコメントを控え、1995年の殺害に対する告白について話し合う前にクライアントと会いたいとタイムズに語った。殺人罪で起訴されたWhitedは、金曜日に15,000ドルの公債で拘束されたままだったと裁判所の記録が示している。彼の次の法廷日は記載されていませんでした。

まとめ

今回は「米国で末期がんの男が、25年前の殺人事件を警察に自白の動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

車内がまるでクモのパーティ会場。

車内がまるでクモのパーティ会場のような動画!

オーストラリアの南オーストラリア州アデレード在住のエマさん(Emma)は2020年12月25日午後9時頃、ガソリンスタンドに車で向かっていた際に車内にハンツマン(Huntsman)という種類のクモを発 …

洪水の中継中に橋が崩落

洪水の中継中に橋が崩落 リポーターは間一髪で回避の動画!

米国で洪水の中継中に橋が崩落した。リポーターは間一髪で回避している動画。女性リポーターがニュース番組の中継のため橋の上でリポートしていると、突然橋の一部が崩落してしまった。リポーターが立っていた真横で …

三峡ダム

2020年11月4日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

長江流域や太湖の洪水被害は依然として深刻な状況にあり。三峡ダムに流れ込む水の量がから増えています。長江上流域の各地で続く大雨は中流の三峡ダムに流れ込む水量を増加させ続け、11月01日朝には過去最大規模 …

三峡ダム

2020年10月2日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

重慶の水害がいよいよひどいことになってきた。重慶市水文観測総合ステーションは綦江(きこう)区に「洪水レッドアラート」を発令。これは1940年このステーションができて以来初めてのレッドアラート。重慶市綦 …

英ウェスト・ミッドランズ州の高齢者事故

英ウェスト・ミッドランズ州70代男性運転の車6か所に追突暴走の動画!

英ウェスト・ミッドランズ州70代男性運転の車6か所に追突の暴走の動画。イギリスで70代男性の運転する車が、6回も追突を繰り返す事故を起こした。その様子を捉えた監視カメラの映像には通常では考えられないよ …