最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

横須賀市で4回目の「異臭騒ぎ」関東大震災の直前にも!地震も頻発。

投稿日:

神奈川県横須賀市で6月以降、4回目の“異臭騒ぎ。1923年の関東大震災の直前、浦賀(横須賀市)や三浦半島南端の城ケ島で異臭がした記録があります。地震頻発と異臭騒ぎには関連は?

関東大震災

関東大震災

横須賀市で4回目の「異臭騒ぎ」

9月19日に、神奈川県横須賀市で6月以降、4回目の「異臭騒ぎ」が起きました。

 


また「ガス臭いする」の通報相次ぐ これで4回目(2020年9月19日)

 

地震頻発と異臭騒ぎには関連は。

地震頻発と異臭騒ぎには関連がはたしてあるのでしょうか?

 

少なくとも、かつてない異常事態が日本列島で起きているようです。

 

9月27日は長野、静岡、愛知の各県で震度4の地震が発生した直後、沖縄の宮古島市で震度3を観測。19日には、神奈川県横須賀市で6月以降、4回目の“異臭騒ぎ”も起きています。

 

地震の専門家は、「最近の地震と異臭騒ぎはつながっている」と断言します。

 

「地震や異臭など、一つ一つの現象に目がいきがちですが、いずれもフィリピン海プレートの運動が原因だと考えられます。フィリピン海プレートは太平洋プレートに押され、東日本が乗っかっている北米プレートと西日本が乗っかっているユーラシアプレートの両方の下に沈み込んでいます。フィリピン海プレートの動きによって、地震が発生したり、異臭が発生していると考えられます」立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)

 

つまり、27日の地震も、横須賀での“異臭騒ぎ”も、バラバラの現象ではないということだ。ただ、原因が分かっても、いつどこで巨大地震が襲ってくるかは予測不能なのが現状の地震学です。

首都直下型地震マップ

首都直下型地震マップ

 

フィリピン海プレートが沈み込むことで、北米、ユーラシアの両プレートの“歪み”が限界に達しつつある兆候であれば大きな地震がまじかに迫っていることになります。

 

関東大震災直前にも異臭

関東大震災

関東大震災

 

戦前の内務省の記録によると、1923年の関東大震災の直前、浦賀(横須賀市)や三浦半島南端の城ケ島で異臭がしたといいます。

 

プレート運動によって岩石が崩落し、異臭が発生していた可能性があります。

 

フィリピン海プレートが北米プレートの下に沈み込んでいる境界に位置する『相模トラフ』近くの東京湾で、5月20日前後の3日間に地震が7回発生していたこともあわせて考えると、北米プレートやユーラシアプレートがいつ跳ね上がっても不思議ではありません。北米プレートが跳ねたら首都圏巨大地震が、ユーラシアプレートが跳ねたら南海巨大地震が発生するでしょう」(高橋学氏)

 


巨大地震の前兆か?― 神奈川・三浦半島で、原因不明の「異臭」が発生!― 相模・南海トラフの連動を警戒

2020年6月19日、産経デジタル系メディア・イロンナが伝えたところによると、神奈川県の三浦半島で、巨大地震の兆候と疑われる現象が発生していたことが分かった。

 

6月4日、三浦市や横須賀市で、異臭を訴える119番通報が夜8時から2時間ほどの間に150件以上寄せられた。

 

その臭いの表現は「ゴムが燃えるような」「化学薬品のような」「ニンニクのような」など様々で、通報は、時間とともに三浦半島南部から横須賀市へと移動した。

 

しかし、警察、消防、東京ガス、海上保安庁などが調査にあたった関わらず、都市ガスの漏れなどは検知されず、未だ原因は特定されていない。

これに対し、立命館大学・環太平洋文明研究センターの高橋学特任教授は「巨大地震の前兆の可能性がある」と警鐘を鳴らした。

高橋特任教授は、地形変動や気候変動と地震の関係を20年以上にわたり調査してきた、著名な地震研究家だ。特に注目しているのが「匂い」と巨大地震の因果関係だという。

 

高橋特任教授は、「大阪市立大学の研究チームが岩石に人工的な圧力をかけて破壊する実験を行なった際、焦げ臭いような独特の匂いが発生することが確認された」「1995年の阪神・淡路大震災が起こる数か月前にも、神戸市東部でこのような異臭が確認された」と説明した。

その上で今回報告された「異臭」は、相模・南海トラフの大地震の予兆の可能性があると指摘した。

まとめ

今回は「横須賀市で4回目の「異臭騒ぎ」関東大震災の直前にも!地震も頻発。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Joby-最新型S4

【速報】2020年の日経の企業イメージ調査結果。総合首位はトヨタ

2020年の日経の企業日経の企業イメージ調査が出ました。ビジネスパーソンが投票するの日経の企業日経の企業イメージ調査総合順位をお伝えします。車関連では、トヨタが19年連続総合1位、、ホンダ23位、日産 …

麻生太郎財務大臣

集団感染が発生したクルーズ船問題で麻生節を炸裂「割を食っているのは日本じゃねえか」

中国発の新型コロナウイルスをめぐり、麻生太郎副総理兼財務相が核心を突くような「麻生節」を炸裂(さくれつ)させた。日本を悪もの扱いにした中国当局の情報発信に疑問を投げかけ、集団感染が発生したクルーズ船の …

新型コロナウィルス

【驚愕】岡田先生(教授)の告発「感染研OBの利権」でPCR検査難民が出ている?

テレビ番組「モーニングショー」に出演している国立感染症研究所ウイルス部元研究員の岡田先生(岡田晴恵・白鴎大教授)が2月27日に重大な告発をしました。感染を判断するPCR検査の体制が十分ではなく、現場の …

西村経済再生担当大臣

西村康稔経済再生相が「誰も緊急事態宣言はやりたくない」と切れる場面。

東京都の新型コロナの新規感染者が7月2日は107人だったことで、西村康稔経済再生相が「誰も緊急事態宣言はやりたくない」と話し、声を荒げて感染防止の徹底を訴えています。これに対し、「何キレてんの」「僕ら …

コロナ判定の簡易キットみらか

15時分でコロナ判定の簡易キット発売。検査規模拡大に期待。みらか、クラボウ

新型コロナウイルスの簡易診断ができる「抗原検査」の検査キットで、みらかホールディングス(HD)の製品が国内で初めて実用化される見通しです。厚生労働省が来週中にも薬事承認する方針です。抗体検査の公的保険 …