最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

がんの義父をドナーに救ってもらった女性4歳児のドナーになる動画。

投稿日:

生きていくために生後6週から輸血が欠かせなかった4歳男児が、骨髄バンクに登録していた見ず知らずの女性から造血幹細胞移植を受けた。がんの義父をドナーに救ってもらった女性4歳児のドナーになる動画。「治らないのなら天国に行きたい」と語る4歳児ニコラス君のドナーになる女性ジェシカ・ペパンさんのエピソード。

がんの義父をドナーに救ってもらった女性

がんの義父をドナーに救ってもらった女性

がんの義父をドナーに救ってもらった女性4歳児のドナーになる

米ペンシルベニア州フィラデルフィアに住むニコラス君(Nicholas、5)は、輸血が必要な重度の貧血をもって生まれ、生後6週で初めての輸血を受けてから治療を行ってきました。

 

ニコラス君の病気を治すには造血幹細胞移植が必要で、両親は医師に「『移植を受ければ95%の確率で病気は完治し、これ以上の輸血の必要はなくなるでしょう』」と言われました。

 

がんの義父をドナーに救ってもらったジェシカ・ペパンさんが 「治らないのなら天国に行きたい」と語る4歳児ニコラス君のドナーになります。

がんの義父をドナーに救ってもらった女性

がんの義父をドナーに救ってもらった女性

 

母のカテリーナさん(Catherina)は「移植前のニコラスは3週間に一度、約8時間かけて輸血を受けていました。治療はニコラスのみならず家族にとってもかなりの負担になっていたのですが、移植が成功しない5%のことを考えると私は怖くてしかたなかったのです。移植の必要性や安全性については、第2、第3の意見も聞いて回りました」と当時を振り返る。

 

ただ、そんなカテリーナさんの背中を押したのはニコラス君本人だったそうで、カテリーナさんは当時3歳半だったという息子との会話を紹介します。

 

ニコラス君「ママ、僕が今死んだらどうなるの?」
カテリーナさん「ニコラス、そんなことは二度と言わないで。」
ニコラス君「ママ、僕が死んだらどうなるの?」
カテリーナさん「あなたは今すぐには死んだりしないわよ。でももし死んでしまったら、天国に行くの。」
ニコラス君「天国に行っても、病院に行って輸血をしなくちゃいけないの?」
カテリーナさん「いいえ。天国では輸血は必要ないの。」
ニコラス君「それなら僕は天国に行くよ。」
カテリーナさん「ママは、あなたが天国に行ってしまうなんて考えられないわ。」
ニコラス君「天国に行けないのなら、僕は病院に行ってちゃんと病気を治してもらいたい。」

 

「胸が張り裂けそうな思いだった」というカテリーナさんは、このニコラス君の言葉で移植をすることに。骨髄バンクに登録するとニコラス君が4歳の時にドナーが見つかった。

がんの義父をドナーに救ってもらった女性

がんの義父をドナーに救ってもらった女性

 

ドナーになったのはジェシカ・ペパンさん(Jessica Pepin)で、骨髄バンクに登録して1か月後にニコラス君と適合することを知らされたという。

 

 

ジェシカさんは「連絡を受けた時は驚きましたが、ドナーになることへの迷いはありませんでした。大変だったのは自分のスケジュールの調整くらいかしら」と語ると、こんなエピソードを明かしてくれた。

 

実は骨髄バンクから連絡がある約1か月前に、血液のがんで苦しんでいた義父が見ず知らずの人から骨髄移植を受けたのです。そして義父は移植によって命を救われました。

 

「その後、間もなくニコラス君のことを知り、『今度は私がニコラス君を救う番だ』と移植の輪が広がっていくことをとても嬉しく思いました。」

こうしてジェシカさんから移植を受けたニコラス君は、副作用や合併症もなく元気に回復し、移植以来一度も輸血を受けていないという。

 

そんなニコラス君一家とジェシカさんは今月初め、テレビ電話で初めて顔を合わせており、カテリーナさんはジェシカさんに感謝の気持ちをこのように伝えています。

 

「ニコラスの移植に必要だったのはたったの4分の1カップほどの造血幹細胞でした。それだけでニコラスは完治し、5歳の誕生日を元気に迎えることができました。ニコラスが普通に生活できるようになったのはあなたのおかげです。何ものにも代えられない命の贈り物を本当にありがとう。」

そしてジェシカさんは、こうコメント。

家族みんなにハグしたい気持ちでいっぱいです。もうニコラス君の家族は、私の家族のようなもの。親切の輪が広がって人の命を救うことができる。本当に素敵なことだわ!」

がんの義父をドナーに救ってもらった女性4歳児のドナーになる動画。

 


5-year-old meets His Anonymous Donor For The First Time, Here’s What happened!

ニコラスは生後わずか6週間で輸血を受け始めました。 DKMSと彼の寄付者のおかげで、その人生は今や彼の後ろにあります。

彼の幹細胞ドナーのおかげで、その人生は今彼の後ろにあります。

まとめ

今回は「がんの義父をドナーに救ってもらった女性4歳児のドナーになる動画。」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地震による巨大津波

日本海溝、千島海溝でM9の巨大地震、「巨大地震は切迫している」と警告!

東北から北海道の太平洋に延びる日本海溝・千島海溝でマグニチュード9級の巨大地震が起きるとの想定を、内閣府の検討会が公表しました。過去の津波の痕跡から推定し「巨大地震は切迫している」とも警告した。30m …

『戦姫絶唱シンフォギア』

アニメーション監督の伊藤達文さん死去、作品やプロフィールなど。

アニメーション監督の伊藤達文さんが死去しました。5月23日、脳幹出血のため死去しました。享年55歳。結婚前は、玉川 達文氏として活躍していた。 『戦姫絶唱シンフォギア』 目次1 アニメーション監督の伊 …

岡田教授

岡田教授「スマホはバッチイ」が話題、桧山珠美辛口評価【新型コロナ報道】

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、今や「時の人」でテレビのワイドショーやら「アッコにおまかせ!やら、「羽鳥慎一モーニングショー」などテレビ出演の多い、感染症学が専門の岡田晴恵白鴎大特任教授ですが、「 …

カイア・ゴットちゃん

生後9か月に髄膜炎で四肢切断した女児カイア・ゴットちゃん動画!

生後9か月に髄膜炎で四肢切断したイギリスの女児カイア・ゴット(Kia Gott)ちゃん、来月で4歳に 母親は「笑顔でいてくれればいい」といいます。 カイア・ゴットちゃん 目次1 生後9か月に髄膜炎で四 …

ある駄菓子屋

箱根の 駄菓子屋「 中国人おことわり」ハウスベイダー店主の反論

日本は、中国人の春節での大移動をきっかけに新型コロナウィルスを水際で防ぐことが出来ず今や市中感染までに及んでいます。あの、春節の時、1月中旬から「中国人は入店禁止」の張り紙を店頭に掲げ話題になったのが …